小売業は難しい?!小売業のフランチャイズお役立ち情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小売業におけるフランチャイズ契約を結べる店の種類は多数あることから、自分にはどのような店が向いているかを明確にすることや、小売業を行うにあたってのメリットとデメリットをよく理解することが重要です。成功することばかりに気をとられるのではなく、失敗しないための対策をとっておきましょう。

小売業で独立・開業できるフランチャイズ一覧

フランチャイズとは

フランチャイズとは、自分の店を持ちながらもその経営や運営のノウハウは本部の方針に従って行う商売の方法です。
最もよく知られているのはコンビニでしょう。
オリジナルの店をオープンさせたとしても、どのような店なのかが分からないためにお客さんが全く集まってくれないことも珍しくないのに比べ、すでに本部に圧倒的な知名度があるフランチャイズでのコンビニ経営なら、オープンしてすぐにお客さんが来てくれるのが最大のメリットです。
そんな小売業で独立・開業できるのはコンビニに限りません。

小売業で独立・開業できるフランチャイズ

そこで、今の世の中で特に需要が多いフランチャイズを一覧として挙げてみることにします。
コンビニは1位にランクインすること間違いなしですが、昨今、価値のある物を買い取ってくれるお店として、価値があるかどうかを鑑定し、その上で値段を決めて買取を行う買取専門店も、実は個人のお店ではなくフランチャイズです。
必要な物はリサイクルショップで購入し、いらなくなったらまた売るというリユースで暮らす、ミニマリストと呼ばれる物を持たない人が増えてきたこともあって、今後ますます需要が増えると見込まれるジャンルです。
さらに、少しでもお得に買い物をしたいという人が増えているため、たった一人でも商売を始めることができる金券ショップもフランチャイズです。
買い取った品が売れなければ損をするというリスクはありますが、立地条件などが良ければほとんどのオーナーが成功できる小売業です。
その他、探してみるとかなりの業種に散らばっていることが分かり、自分が興味を持てる分野でフランチャイズ事業に乗り出すことができます。

小売業のフランチャイズ

小売業を始めるメリット

小売業をフランチャイズで始める最大のメリットは、これまで会社員として働いていた人が経営者というトップの地位について、あれこれ指示されて動いていたときとは違い、自分が指示して人を動かし経営をできることです。
嫌いな上司が存在することもなく、自分と息の合うスタッフだけを採用することも可能です。
人と人の間には、何となくウマが合う合わないというのがありますが、これは互いが持っている波長に影響されています。
同じ波長を持つ者同士は惹かれあい、そうでない場合は反発しますが、会社にはたくさんの人がいるため、合う人もいれば合わない人もいて、人間関係に軋轢が生じます。
自分がオーナーになって人を選ぶなら、波長が合うかどうかで人を採用でき、職場の人間関係が良好にしやすいです。
さらに、先に述べたように様々な業種でフランチャイズは存在していますので、自分が好きなことを選んで仕事にできるというメリットもあります。
好きなことであれば、嫌いな仕事でする努力よりも、つらいと思いにくくなるのではないでしょうか。

小売業を始めるデメリット

一方でデメリットも存在します。
会社員として働くのと、小売業のオーナーとして仕事をするのとで比較した場合、会社員であればその日にすべき仕事はたいていの場合、会社側から用意されています。
閑散期で仕事がなく、ぼーっと過ごすときもあるかもしれませんが、そんなときでも正社員であれば仕事があるときと変わらずお給料をもらえますので、収入に困ることはありません。
一方のフランチャイズで独立・開業した小売業のオーナーの場合、その日に行う仕事は自分で決定しなければなりません。
さらに、人を雇っているのであれば、その人にもすべき仕事を与える必要があります。
会社員であれば会社が仕事を与えてくれるのに対し、小売業では自分で仕事を探し、見つけて取り組まなくてはならないことから、行動力が問われます。
これまで会社から与えられてするのが当たり前と思っていた人は、小売業未経験の人は、転身しても何をどうしていいか分からないという状況に陥るでしょう。

小売業のフランチャイズに向いている人

フランチャイズで行える小売業の業種は接客業が多いです。
そもそも小売業とは、接客を行うことで成り立っているため、フランチャイズで行う場合もいかに上手く接客ができるかどうかがカギとなります。
例えば、今やコンビニはあちこちにありいくつか選択肢があるため、よほどそのお店にしかない商品が欲しいということでない限り、できるだけ感じの良い接客をしてくれるところに行こうと考える人が多いでしょう。

コミュニケーションを上手くとり、にこやかに接客ができる人は、小売業のフランチャイズに向いているといえます。

小売業のフランチャイズでの年収

コンビニでの年収

小売業のフランチャイズで独立・開業を目指す人にとって、どのくらいの年収を稼ぐことができるのかという点は、非常に気になるところだと思われます。
業種によっても異なりますが、24時間営業ができるということと今や街中になくてはならない存在になったフランチャイズの代表ともいえるコンビニを例に見てみると、40代から50代の終わりまでは平均の年収がおよそ600万円台となっているところがほとんどです。

働き盛りの年収

フランチャイズ契約をどこと結ぶか、立地と周囲に競争相手がいるかどうかなどで変わってきますが、いわゆる会社における働き盛りと言われる年代の人たちなら、月給にするとおよそ40万円ということで、そこそこ稼げる年収と言えるでしょう。

60歳以降の年収

60歳以降になっても月給で28万円程度という額は、定年を迎えるとたとえ雇用契約は結んでくれても、給料はがくんと下がる会社にとどまるよりも良いと言えます。
また、一人で開業できる金券チケットショップや買取専門店などは人件費がかからないことから年収1000万円という人もいて、条件が合えばこちらの方がコンビニよりも楽に、より多く稼げそうです。

知っておきたい小売業フランチャイズの経営について

成功のポイント

小売業を選んでフランチャイズ契約を結び、仕事を成功させるためのポイントは、本部にロイヤリティを払ってはいるものの、店の売上を左右するのはあくまでも自分の力によるものだと考えられるかどうかです。
本部の指導が悪いから売れないといった考え方をする人は、おそらく自分の責任であるという認識をしていないため、成功までの足取りはおぼつかないでしょう。
小売業の場合、品揃えをどうするかはオーナーの判断次第ですので、うちならこれが売れると考えて仕入れをし、ダメなら何がいけなかったのかを考え、対策を練る人でないと成功できません。
店の特徴を掴んで仕入れができるオーナーであれば、同じ本部で展開するコンビニだとしても品揃えの内容は必然的に変わってくるため、あの店に行こうといった具合に選んでもらえます。

失敗しないために

自分で商売を始めるとなると、いかにして成功するかということにばかり意識が向きがちになりますが、どのようにすれば失敗しないかという観点から考えることも大事です。
子供が多い地域で大人向けの商品を多数揃えても売れるはずがありませんし、高齢化が進む地域で子供向けのお菓子などをたくさん仕入れても、これまた残るばかりです。
店の場所から推測するに、ニーズのある品は何なのかを見極めるために常に情報収集に努め、どのような品が必要とされているかが分かれば、自然と買い求めに来る人がやってきます。
爆発的に売れることはないとしても、コンスタントに売れれば、少なくとも利益は上がり続けるため、失敗しなくて済むという考え方も必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。