フランチャイズ加盟とは?!改めて知っておきたいフランチャイズの初心者向け基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フランチャイズ加盟は、店舗経営が初めての場合でも事業が成功しやすい強いブランド力と運営ノウハウを得ることができるのが魅力です。一方で本部とのトラブルが発生するケースもあります。トラブルを回避するためには契約内容を細部まで把握する必要がありますので、専門家に相談して進めるのが重要です。

フランチャイズの基礎知識

フランチャイズとは

フランチャイズは、親企業が加盟する店舗に自社の商号や商標の使用許可を与える商売の仕組みです。
フランチャイズ加盟する側は、フランチャイザー本部に対価を支払って看板やサービスのノウハウ、商品を扱う権利をもらい商売を行います。
手に入るノウハウは仕入れから販売、集客、人員の採用までこと細かくパッケージングされていて、それに従えば店舗経営未経験者でも親企業のブランドでビジネスを行うことができます。

既に知られているブランドの経営も可能

有名なブランドであれば成功しやすいですし、何もないところから新規参入するのに比べて収益予測も立てやすくなります。
そのため銀行などの金融機関から融資も受けやすく、安定した事業のスタートを切れるでしょう。
ただし、先ほど触れたように相応の対価を支払う必要がありますので、まずは契約を結ぶ必要があります。
対価の取り決め方はそれぞれですが、売上に対するパーセンテージで支払うロイヤリティ形式が一般的でしょう。
他にも月額固定形式もありますし、様々な形態が存在します。

フランチャイズ加盟のメリット

フランチャイズ加盟するメリットはたくさんあります。
まず、先ほど書いたように店舗経営が初めてという場合でも始めやすいですし、すでに経営者でも未知の業界や地域に進出する際などは、心強い足がかりになります。
ゼロからのスタートにはなりませんので事業が成功しやすく、直営店や過去の加盟店の実績から経営予測も可能です。

開業も無駄なくスムーズにできる

面倒なマニュアル作りやマス広告はフランチャイザーがまとめて行ってくれるので、加盟店は煩雑な業務がなくなり、自店舗の運営だけに注力できるのも魅力でしょう。
そして何より、すでに浸透した有名ブランドの力やイメージを利用できるのがメリットです。
すでに顧客からの信頼を得た状態から始められますので、スムーズなスタートを切ることができます。
通常は顧客に来てもらうだけで最初は大変な労力を使いますが、フランチャイズ店の場合、集客はフランチャイザーに任せてしまえばOKです。
また、個別店舗で仕入れるよりもグロスが桁違いに多くなりますので、ほぼすべての商品でコストが大幅に圧縮できる場合が多いです。
すべて自分で仕入れ先を探して交渉する必要もありませんし、手間もかけずに利益率を上げることができます。
設備も最適なラインナップのアドバイスを受けられますので、無駄がなくすぐに運営が開始できるのも利点です。

開業時に必要な資金や開業後について

開業時の資金調達面でのメリット

銀行などの金融機関はとにかくリスクを嫌いますので、名もない未経験の経営者にはなかなか融資をしようとはしません。
でもフランチャイズ加盟であれば、全く条件が変わります。
店舗の開業資金は想像以上に多額になりますが、加盟店の過去の実績データから精度の高い事業計画を立てられますので、銀行などの信用を勝ち得るのに大きなアドバンテージになるのは魅力です。
実際に、同じ地域で同じくらいの面積を持つ店舗などがあれば、かなり信ぴょう性の高い計画書になりますし、自社にとっても心強い指針になるでしょう。
金融機関が融資をしてくれるのも助かりますし、自治体などから助成金や補助金を受けるのにも役立ちます。

店舗開業に必要な資金はいくら?

また、一概に言えませんが、店舗の開業に必要な資金は建物や設備などを合わせて1,000万~1,500万円程度必要になるのが一般的です。
フランチャイズが盛んなコンビニ店舗などでは、フランチャイザーが設備の一部を負担するなどして、開業資金を300万〜500万円程度に抑えるプランも出てきています。
立ち上げに関してこの差は非常に大きいと言えるでしょう。

開業後の安心感

店舗を運営する要素はたくさんあり、単に商品を仕入れて販売すればそれで良いというわけではありません。
特に現代の店舗では接客も広告もかなり力を入れなければいけない時代ですし、経営者としても開業時に軌道に乗せるためには、やらなければならないことが山のようにあります。
独立したばかりであれば、煩雑で先の見えない道を一歩一歩コツコツと学びながら進んで行かなければなりません。
現実的な話をすれば、開業して5年後に存続している確率は、一般で25%にも満たないところが、フランチャイズ加盟であれば約70%近くも存続しているという事実があります。
フランチャイズ加盟店の開業時のメリットは、経営や運営に関する重要な要素が最初から享受できるという点に尽きます。
成功のしやすさ、失敗のしやすさを裏付けのあるデータで追えるため、大きく失敗しにくいのが最大の魅力でしょう。
また、フランチャイザー本部も成功させるためにしっかり支援してくれますし、適切なアドバイスを受けられるのが一般的です。
もちろん開業前に研修がありますし、経営支援なども受けられます。

開業後の安心感

新しい店舗でとにかく必要なのが安定的な集客です。
初日だけ物珍しさに見物客が集まっても、それが顧客の定着につながるとは限りません。
開業するまでの間ももちろん大変ですが、実際に真価が問われるのは開業後です。
フランチャイズ加盟していれば、そこをしっかり補う強いブランド力が最初からあるわけですから、開業後の本当の集客にも大いに期待できます。
一番のメリットは、商品開発や広告など、継続的な集客に関しては本部が行ってくれることです。
店舗側は決められたルールに沿って自店舗の運営に集中することができますので、売上の維持と拡大に努めることができます。
もちろん、その地域の住民からしっかり支持される店にする責任は、ひとつひとつの店舗が担っていますのでやりがいがあります。
スムーズに運営するためには優秀な従業員も集めなければいけませんし、従業員が働きやすい店作りも心掛ける必要があるでしょう。
大きな目で見た集客を本部に担ってもらえることで、本当の意味で自分の店舗のことだけを考えることができるのは魅力です。

フランチャイズ加盟のデメリット

注意しなければならない点

とても良いことばかりのフランチャイズ加盟に感じられますが、いくつか注意が必要な点があります。
当然のことながらオリジナリティは打ち出しにくくなりますので、他のブランドを使って商売を行うことの意味は、きちんと理解しておく必要があります。
新しい取り組みを考案しても、それをすぐに自分の店舗で実施することはできません。
本部の確認が取れなければ、できないこともあり得ます。

ロイヤリティの支払い

そして、ロイヤリティの支払いは継続して発生しますので、売上のすべてが自分のものにはなりません。
歩合制や粗利益配分制、定額制の3つのパターンが一般的ですが、納得の行く内容で契約しましょう。
また、契約期間が決められますので、自己都合で期間中に勝手に閉店することはできません。
やむをえない場合でも高額な違約金が発生することがありますので、規則については契約前にすべて詳細まで確認しておきましょう。

デメリットを回避するために知っておくべきこと

前述のようなデメリットは、契約前にしっかり内容を把握して、すべてクリアにしておくことである程度回避することも可能です。
自社の命運を分ける重要な取引相手なのですから、フランチャイザーは慎重に時間を使って選び抜く必要があります。
そのためにはまず、説明会に参加することが重要です。
そして単に話を聞くだけでなく、営業担当に山ほど質問して、気になる点はすべて答えさせるつもりで参加しましょう。
また、興味のあるブランドがあれば、実際に加盟している店舗の実情報を集めるのも有効な手段です。
インターネットで評判を確認しても良いのですが、信頼できる情報かどうか、裏は取るようにしましょう。
また、重要なのは売上とフランチャイザーに支払う対価とのバランスです。
事業計画を立てる際には皮算用ではなく、シビアに詳細まで計算をする必要があります。
事実、立地が良ければロイヤリティが高くても大きな利益を出せる場合もあります。
売上が期待できるなら、全く問題ありません。

専門家に相談して進めよう

フランチャイズ加盟で失敗したという事例のほとんどは、最初から明らかに無理のある事業計画を信じて契約してしまったような場合です。
実際に信ぴょう性の薄いデータを見せて勧誘する悪徳なフランチャイザーもいないとは限りませんので、契約に少しでも不安があるなら専門家に相談して進めるのが一番です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。