脱サラをしてフランチャイズ開業を考えている人が知っておくべきフランチャイズオーナーの年収事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脱サラをしてフランチャイズ開業を考えている人のために、フランチャイズ開業後の年収相場や事業についてお伝えします。コンビニなど小売業では年収300〜400万円、居酒屋など飲食業では年収400万円、塾などサービス業では年収500万円がフランチャイズオーナーの年収の相場です。フランチャイズ加盟のためにはロイヤルティを支払う必要はありますが、集客効果や豊富なアドバイスが得られ、開業の良いスタートダッシュが切れます。

フランチャイズオーナーの年収事情

フランチャイズで開業

フランチャイズ開業すると毎月の利益からロイヤリティが引かれるかわりに、本部の知名度および経営ノウハウを活用しながら自分のお店を経営できます。
フランチャイズ加盟店のオーナーを積極的に募集している大手チェーンも複数ありますので、年収次第では独立して開業したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

業種ごとの特徴

今回は、脱サラしてフランチャイズ開業を考えている人が知っておくべきフランチャイズオーナーの年収事情と業種ごとの特徴について解説します。

コンビニ

コンビニなど小売業のフランチャイズオーナーは年収300〜400万円が相場


コンビニなど小売業のフランチャイズオーナーは年収300〜400万円が相場とされています。小売業には雑貨品販売やアパレル・ブティックなど様々な形態があります。それぞれ立地条件やロイヤリティなどが異なるため、相場よりも低いケースがある一方で、年収700万円を超えるオーナーも存在する業種です。

小売業の例として、セブンイレブンやファミリーマートといったコンビニ業界の大手企業はフランチャイズ加盟店のオーナーを店頭やウェブ上で積極的に募集しています。
そのため脱サラして独立を考えている場合は参入しやすい業界といえますが、収益モデルは基本的に薄利多売なので開業後の数ヶ月は単月黒字を実現できないかもしれません。

コンビニを筆頭とする小売業は粗利をもとにロイヤリティを算出する粗利分配方式を採用していることが多く、売上の数割を毎月本部に収める仕組みです。
年収の面においてはサラリーマンの平均年収約400万円と比較すると、同格あるいは下回る公算が大きいですが、立地に恵まれているといった要因次第では相場以上の年収を稼げるケースもあります。

コンビニのフランチャイズオーナーは店舗の経営とスタッフの教育が仕事

コンビニのフランチャイズオーナーは店舗の経営とスタッフの教育が主な仕事であり、一定のサイクルで本部から訪れるSVと協力しながら売上の向上を図ります。

大手コンビニチェーンは一部を除きほとんどが24時間営業であるため、オーナーが自ら一人で現場に立ち何日も運営することは不可能です。
店舗を経営するためには、スタッフを雇ってスタッフにレジ打ちや品出しといった現場の仕事を任せられる水準まで教育する必要があります。

開業当初など人材が不足しているときはオーナー自らワンオペとなるケースもありますが、慢性的に現場のマンパワーが不足していては運営が成り立たちません。収益アップを図ることはもちろんですが、安定してシフトを組むための人材を確保することも重要な業務となります。

飲食店などの飲食業

居酒屋など飲食業のフランチャイズオーナーは年収400万円が相場

飲食業におけるフランチャイズオーナーの年収はサラリーマンの平均年収と同水準の400万円が相場とされています。店舗の営業形態や規模によって参入時に必要な厨房機器・設備といった諸費用はピンキリですが、フランチャイズに加盟すれば本部が開発したメニューや営業ノウハウをマニュアルとして活用しながら経営できます。

もし飲食業を個人で開業する場合、販促活動に注力しないと十分な集客ができずに赤字が続いてしまうかもしれません。その点フランチャイズ加盟店として開業すれば、開業当初こそ資金繰りに困難するかもしれませんが、本部の知名度によって早い段階から一定の集客が見込めるというメリットがあります。

ただし、人手不足によってオーナーが自ら店舗運営にあたる場合、営業時間外における食材の仕込みや清掃といった業務が多いため労働時間が長くなりがちです。そのため利益に対してロイヤリティが過度に高いフランチャイズ加盟店では、年収を時給計算すると割に合わないことがあるかもしれません。

とはいえ、フランチャイズであれば1つの店舗が好調となったら次の店舗を持つといった流れで、複数の店舗を同時経営することもあります。複数店奨励制度によってロイヤリティを引き下げてくれる企業もありますし、複数の店舗で経営が軌道に乗ればサラリーマン以上の高年収も実現できるでしょう。

飲食業は原価率が高いためロイヤリティは低めの傾向にある

飲食業はスタッフに支払う人件費に加えて食品の仕入れにかかる材料費の原価率が高いため、その分フランチャイズに支払う毎月のロイヤリティは低めに設定されていることが一般的です。
飲食業におけるロイヤリティは月あたり10万円以下の定額方式であるケースが多く、粗利分配方式の場合は4〜6%が主であるとされています。

飲食業開業後のロイヤリティ

ただし、フランチャイズによってはロイヤリティが低く抑えられている一方で、加盟金や仕入原価にコストが上乗せされていることもあります。

なお、平成28年9月に上場して翌年の5月に150店舗オープンを達成した株式会社串カツ田中の場合、加盟金は300万円でロイヤリティは粗利分配方式で毎月5%です。さらに1ヵ月あたり40万円の研修制度が設けられており、月に1度のサイクルでSVが訪れます。

塾などのサービス業

塾などサービス業のフランチャイズオーナーは年収500万円が相場


形として存在する物品ではなく、技術あるいはサービスといった目に見えない価値を提供する塾やクリーニング店などはサービス業に該当します。塾を筆頭とするサービス業におけるフランチャイズオーナーの年収はサラリーマンの平均年収を基準とするといささか高く、500万円が相場とされています。

美容院やカラオケなど店舗型のビジネスモデルがある一方、テナント代や内装費などをカットして少ない資金でも開業できる無店舗型ビジネスのフランチャイズオーナーも注目されています。近年需要が高まりつつある家事代行サービスやハウスクリーニングといったサービス業が無店舗型ビジネスの代表的な存在です。

フランチャイズの塾オーナーは開業当初から高い知名度を活かせる

個人で独立して塾を経営する場合は基本的にブランド力が乏しい状態からの開業であるため、十分な生徒数が確保できないこともあります。しかしフランチャイズに加盟して塾を経営すれば高い知名度を活かして開業できるため、近くに学校があるなど環境が好条件であれば相場以上の年収が見込めるでしょう。

フランチャイズ加盟して塾を経営する場合、ロイヤリティは粗利分配方式で月あたり10%以下での契約が大半であるとされています。また一部の個別指導塾やスポーツ教室はテナントを持たずに経営するケースもあり、複数の塾・スクールの経営に成功すればサラリーマンの倍以上の年収も夢ではありません。

開業のスタートダッシュを切るならフランチャイズ加盟がおすすめ

フランチャイズに加盟すると、本部のブランド力による集客効果と経営戦略に関する豊富なアドバイスが得られ、開業のスタートダッシュが切れます。

もしフランチャイズに加盟せず経験のない業界で開業すると、お店の認知度を向上させるための販促活動や経営戦略に行き詰ってしまうこともあります。覚悟を決めて脱サラ後に開業したとしても、やがて資金繰りが苦しくなり結果的に前職の年収を下回ってしまうこともあるでしょう。

フランチャイズで開業すると毎月の利益から少なくない額のロイヤリティが引かれますが、未経験から始めるにはメリットがたくさんあります。もし脱サラして独立を考えている場合には、フランチャイズへの加盟がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。