夫婦でフランチャイズは有利?夫婦で開業を考えている方へのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夫婦でフランチャイズを開業するなら、地域の子どもたちの学びをサポートする学習塾がおすすめです。
学習塾なら開業資金も低く抑えることができ、本部の持つノウハウを提供してもらいながら夫婦で協力し、安定した経営を長く続け開業を成功させることができます。

塾業界への転職を考えるなら知っておきたい塾業界の人手不足の現状

塾業界について「塾業界は少子化により市場が縮小している」というイメージを持たれる方は多いと思いでしょう。確かに少子化は着実に進んでおり、内閣府の資料でも2015年における19歳以下の人口が約2,176万人であるのに対し、45年後には半分近い約1,104万人にまで減少すると予想されています。[注1]

しかし、市場が緩やかに縮小傾向にある一方で、塾に通う子供の数は増加しています。[注2]

 

「脱ゆとり教育」による影響

さらに、近年の「脱ゆとり教育」によって、学校教育のカリキュラムが増加したことを受け、一人ひとりに合ったきめ細かい教育へのニーズが高まり、個別指導方式の塾も急増しています。そのため、講師一人が一回あたりに指導する生徒の数は減少しているものの、授業の数は増加し、結果的に人手不足という状態に陥っているのです。

 

塾業界の人手不足の原因

平均年収は372万なのに長時間労働、賃金未払い…人手不足を加速させた労働環境の悪さ

塾通いの子供や個別指導塾の増加とは別に、塾業界の人手不足の原因として挙げられるのが労働環境の悪さです。

2015年に発表された、学生アルバイト全国調査結果においても「準備や片付けの時間に賃金が支払われなかった」「仕事が延びても残業代が 時間通り支払われなかった」などの回答が最も多かったのは、塾や家庭教師をする学生でした。

労働環境の現状

この調査は学生アルバイトが対象でしたが、労働環境の劣悪さは、もはや塾業界の慣例になっていると言っても過言ではないでしょう。[注3]

厚生労働省から改善要請まで

さらに2015年3月には厚生労働省から全国学習塾協会をはじめとする7つの関係団体に対して「学習塾の講師に係る労働時間の適正な把握、賃金の適正な支払等について(要請)」と題した改善要請、同年7月には実態調査を行うなどの動きがあり、塾業界の労働環境問題は国さえも巻き込むものとなります。

塾講師の給料

塾講師アルバイトの平均時給

塾講師のアルバイトの平均時給は1,450円と、全国平均である時給1,024円と比較すると一見高時給のように思えますが、実態としては時間外労働が横行しているため、実際の時給はもっと低いという人も少なくないでしょう。[注4]

塾講師の平均年収(ボーナス込み)

また、年収についても平成27年の塾講師位の平均年収は372万円(ボーナス込み)ですが、高等学校教員の平均年収670万円(ボーナス込み)と比較すると、かなり低収入であることが伺えます。[注5]

 

塾業界の人手不足解消の糸口

カギはタブレット端末を用いたeラーニング

塾講師の需要が高まる一方で労働環境の悪さによる人手不足という問題を抱える塾業界。そんな人手不足解消のカギとなるのが、eラーニングを利用した授業です

eラーニングを利用した授業の実情

eラーニングを利用した授業では、生徒はタブレットなどの端末でそれぞれ自分のレベルに応じた講義などを視聴し、わからない部分のサポートを講師が行います。また、タブレットを使って生徒たちが問題を解き、間違ったものだけを重点的に講師が解説するといった利用法もあります。

eラーニングを利用した授業によるメリット

このように従来の個別指導形態を自立学習形態に移行させることで、生徒それぞれに適した指導ができるだけでなく、人手不足も解消できるのです。

学習塾大手のeラーニング導入

実際に、学習塾大手の「第一ゼミナール」や「明光義塾」もeラーニングを利用した学習システムを既に導入しています。

異業種・異職種から塾業界への転職について

異業種・異職種から塾業界への転職は現状をよく知りよく考えよう

異業種や異職種から塾講師への転職を考えるのであれば、まずは人手不足という避けることのできない現状を十分に理解しましょう。

今後について

そのうえで、塾業界においてどのような働き方をしたいのかというビジョンを明確にすることが大切です。

また、今回ご紹介したようなeラーニングを積極的に利用しているかなど、人材不足や教育ニーズに対してどのように向き合っているかといった塾側の姿勢もしっかりと見極める必要があるでしょう。

 

[注1] 参考元:内閣府/平成24年版 高齢社会白書(全体版)

[注2]参考元:文部科学省/子どもの学校外での学習活動に関する実態調査報告

[注3]参考元:ブラック企業対策プロジェクト/学生アルバイト全国調査結果

[注4]参考元:an report/平均時給レポート2018年8月号

[注5]参考元:年収ラボ/塾講師の平均年収(平成27年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。