夫婦で学習塾を経営するなら1人でも経営できる体制を!夫婦で塾を開業する前に知っておきたい4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夫婦で学習塾を経営するためには、お互いがビジネスパートナーであるという尊重の気持ちが重要です。しかし公私混同してしまうリスクが伴うため、1人でも学習塾を経営できる仕組みを作らなくてはいけません。今回は、夫婦で塾経営を考えている人が開業する前に知っておきたい、失敗しないための4つのポイントを紹介します。

夫婦で学習塾を経営・開業する前に知っておきたいポイント

夫婦で学習塾を経営するためには、お互いがビジネスパートナーであるという尊重の気持ちが重要です。しかし公私混同してしまうリスクが伴うため、1人でも学習塾を経営できる仕組みを作らなくてはいけません。今回は、夫婦で塾経営を考えている人が開業する前に知っておきたい、失敗しないための4つのポイントを紹介します。

夫婦で学習塾を経営するには業務を分担して効率化を図る

業務分担が必要な理由

学習塾は夫婦で経営できる事業として人気であり、日本は義務教育から高等教育に併せて子どもを塾に通わせる家庭が多いため一定の需要があるとされています。学習塾を個人ではなく夫婦で経営する場合であっても経営の流れは一般的なプロセスと変わりませんが、業務を役割分担して効率化を図りましょう。
学習塾の開校当初は自宅の一部や空き部屋を活用して講師を雇わず夫婦だけで経営する場合、夫婦それぞれが経営者としての業務に携わりましょう。
夫婦のどちらかが生徒に対して授業を行い、もう一方がホームページやチラシの制作といった集客に注力するなど役割分担すれば少ない人員でも経営できます。また文系あるいは理系で夫婦それぞれが得意な科目を担当し、集客は共同で行うという手段も一人では見出せない知見が伴うのでおすすめです。

フランチャイズ加盟の集客

学習塾を夫婦で試行錯誤しながら経営していても、立地や競合の存在などがネックとなり生徒がなかなか集まらないことがあります。夫婦で塾経営の事業を成功させたい場合は、フランチャイズ加盟店として開校すると本部のネームバリューが集客につながるため検討してみましょう。

夫婦で起業する際に気を付けるべきこと

相手を尊重する

夫婦で起業する際は公私混同せずにお互いをビジネスパートナーとして尊重し、以下3つのことに注意しながら取り組みましょう。

お互いが起業に伴うリスクやビジネスについて認識する

夫婦で事業を立ち上げる際は、お互いが起業に伴うリスクやビジネスを認識して双方の了解が得られてから始めましょう。ビジネスの規模によって変動しますが、起業するためには少なからずイニシャルコストがかかります。

イニシャルコストは夫婦の資産や貯蓄を充てるほかにも金融機関から融資をうけることができますが、事業が必ず成功する保証はありません。さらに一定の顧客をつかめない期間が続くと資金繰りが厳しくなり、ローンを残して廃業というリスクもあります。
夫婦それぞれが起業に伴うリスクを承知し、お互いが覚悟できるステージに共存してからアクションを起こしましょう。

運営方針や事業計画はどちらか一方の独断で採択せず互いの意見を尊重する

運営方針や事業計画は経営の根幹となる重要な指標であるため、夫婦どちらか一方の独断で採択しないように注意しましょう。夫婦それぞれが経営者であるため、双方の意見をバランスよく整合して決めなくてはいけません。

ただし仕事とプライベートは異なるため、家庭の話題を持ち出して相手の意見や判断を批判することは避けましょう。経営に関する重要事項を決める局面に限らず、仕事とプライベートは割り切らなくてはいけません。

お互いのプライベートな時間を意識的に作りリフレッシュできる環境が必要

夫婦で足並みを揃えて起業すると日々の成果を共有でき、ピンチの際はお互いが支え合って経営に勤しめます。しかし四六時中同じ空間で過ごすことになるため、お互いがリフレッシュできるプライベートな時間を意識的に作りましょう。

公私問わずパートナーと同じ時間を過ごせる点は夫婦起業・経営の利点である一方で、距離が近すぎるとかえって息が詰まってしまうこともあります。家庭でもお互いが仕事の話題ばかりだと身が休まらず、心労がたまって経営面でマイナスな出来事を引き起こしてしまうかもしれません。

特に開業する直前や直後は重大な決断の連続と環境の変化によってストレスを感じやすいため、些細なことが夫婦喧嘩に発展してしまうケースもあります。良好な信頼関係を維持するための息抜きとして、夫婦それぞれが趣味など好きなことに没頭できるプライベートな時間を尊重しましょう。

夫婦が同じ職場で働くデメリット

夫婦で学習塾を開校・経営して同じ職場で働く際のデメリットは以下の4つです。

経営不振になると二人とも収入が減り共倒れすることもある

夫婦そろって同じ職場で働いていると、会社の業績が悪化して経営が傾いたときに二人とも収入が減ってしまいます。

それぞれ別の仕事をしていれば一方が不安定になった際にもう一方が支えられますが、夫婦経営で同じ仕事に身を置いているとピンチの際に共倒れてしまうかもしれません。

夫婦関係が悪化すると仕事の連携がとれなくなる

家庭内で問題が起きて夫婦仲が悪くなってしまった場合、仕事とプライベートを明確に分けて捉えることができないと仕事の連携がとれなくなってしまうことがあります。

夫婦で同じ職場だとお互いに言いたいことを言いやすいのでワンマン経営になりにくい一方で、家庭内の鬱憤を職場でぶつけ合ってしまうかもしれません。

周囲の従業員が気を遣ってしまい業務がスムーズに進まないことも

夫婦で学習塾を開業・経営して生徒が増えてきた場合、対応するために外部から講師を雇うこともあります。しかし夫婦が同じ職場で働いていると、周囲の従業員が気を遣ってしまうかもしれません。仕事がある日と休日の感覚が鈍ってしまい職場で夫婦がお互いに家庭の話題を持ち出すことが常態化していると、第三者の従業員が萎縮してしまい業務がスムーズに回せないことがあります。

次第に夫婦であるという自覚が薄れてしまう

夫婦で同じ職場で働いていると相手のことをよく理解できますが、次第に夫婦であるという自覚がどちらか一方あるいは両者ともに薄れてしまうかもしれません。

基本的に一日のスケジュールが同じであるため、常にパートナーと一緒にいることを苦痛に感じてしまうケースもあります。さらに悪化すると家庭内別居などのリスクもあり、夫婦の関係に溝ができてしまうかもしれません。

eラーニング教材を取り入れて1人でも塾が経営できるようなしくみづくりを

夫婦二人三脚で経営しているということに甘んじず、1人でも経営できる仕組み作りを心がけましょう。しかし実際に1人で学習塾を経営すると教務や経理、労務といった多岐な業務を誰の手も借りず全うしなくてはいけません。

塾経営の業務で教務の部分は個別指導eラーニング教材の「すらら」を取り入れれば講師を雇わずに補完できるため、従来のビジネスモデルよりも人件費を削減できます。また「すらら」はマンパワーではなくシステムなので労務管理も不要です。

「すらら」は講師にかわって生徒へ最適な指導を行ってくれるため、講師未経験者でも教務に携わることなく学習塾の経営に注力できます。「すらら」は2017年9月時点で全国約550校以上の学習塾で導入されており、生徒一人一人のレベルにコミットした問題を自動選出して質の高い個別指導を行うツールです。

夫婦で開業する際には専門家に相談を

夫婦で学習塾を開業する際は二人だけで決めず、専門家に相談しながらリスクの少ない事業計画を練りましょう。

先述した「すらら」ではフランチャイズ加盟することなく学習塾を開業・経営するノウハウを紹介するセミナーを開催しています。同セミナーでは昨今の学習塾で求められているビジネスモデルについて知見を広げられるため、夫婦で学習塾の開業・経営を検討している場合は参加してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。