学習塾のフランチャイズ経営を成功させるための営業のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

学習塾のフランチャイズを経営しようと考える方が増えてきましたが、競争相手が多い商売でもありますので、確実に集客を増やすために様々な工夫を凝らす必要があります。できることは多いので、それぞれポイントを押さえて集客に繋げられるようにしましょう。

学習塾の営業のポイント

学習塾のフランチャイズ経営をしたいと考える方が増えてきましたが、どうすれば成功させられるのかと悩むところでしょう。成功させるポイントはたくさんありますが、営業について考えることをおすすめします。

まずは営業活動を

まず、未経験の状態では成功させることが難しい傾向があります。営業経験がないと勝手が分からず、自分の塾をどうアピールをすれば良いかと悩むことも多く、簡単に売上を上げるのは難しそうだと断念するかもしれません。営業を成功させるためには、まず経験をすることが大切です。

現場のニーズをヒアリング

学習塾をアピールしたいのであれば、学習塾に努めてどんなサービスが求められているのかと、現場の声を聞くのも良いでしょう。生徒さんをはじめ親御様がどういったサービスを求めているのか、どんな学習塾に通いたいのかと考えるきっかけにもなります。

営業トークの磨きこみ

またどんなふうに説明をすれば、学習塾に興味を持ってもらえるのか知ることができるでしょう。また、営業トークについて考えることも重要です。
どんなふうに話を進めていけば良いのか、どんな言葉を盛り込めば興味を持ってもらえるのかなど、現場を体験することで考えやすくなるのです。
どんなポイントを見て欲しいのか、ポイントを分かりやすく説明するにはどんな営業トークをするべきかを考えることで、集客率アップに比較的繋がりやすくなります。
営業のコツを体験しておくことで、学習塾を開業したのちもスムーズに進めていくことができますので、実際に体験することをおすすめいたします。

塾開業後の営業のポイント

学習塾を開業した後、どんどん売り込むことが大切です。労力が必要になることもありますが、学習塾の存在を知ってもらうために行動をすることで、結果的に生徒数を増やすことに繋がります。

紙媒体での集客

近くの小学校や中学校の生徒が下校する時間を調べて、その時間にチラシを配るというのも一つの方法です。
近所の家庭にチラシを投函するという方法もありますが、小学校や中学校とターゲットの年齢層のお子さんがいるとは限らないため、非効率になってしまいます。
また各家庭の郵便ポストに投函した場合、他のチラシと混ざってしまいあまり見てもらえない可能性もあります。
チラシを配る際は、どういった方法が効果的か考えて行動をする必要があります。

まずは競合調査を

学習塾は各地にありますが、まず近隣にある学習塾についてリサーチをしましょう。どんな時間割で授業を行っているのか、月謝はどれぐらいを設定しているのか、生徒数はどれぐらいなのかといった情報を仕入れることが大切です。
他の学習塾と差を付けるためにも、他の学習塾のことを調べて研究し、魅力的だと感じてもらえるシステムを作りましょう。

チャネル開拓

学習塾を開業した後の営業のポイントですが、人付き合いを大切にすることも重要です。
地域の方としっかりと繋がるようにするためには、積極的に挨拶をするなどできることから始めましょう。
また生徒さんや親御様に良い印象を持ってもらうことで、誰か紹介してもらえるかもしれません。
良い塾だから行ってみたらどう、とママ友同士で話をしてもらえたり、生徒さんが仲の良い友人に一緒に行こうよ、と誘ったりするケースもあります。
人付き合いを大切にするとともに、他人の意見を聞くことができる人になりましょう。
時にはつまずくこともありますが、他人の意見を聞くことで良いヒントを得られることがあります。
自身では気が付かないことも多いので、生徒さんや親御様をはじめとしてご自身のご家族の話を聞くのも良いでしょう。塾経営というのは一人で孤独に感じることもありますが、全て一人で抱え込むことはありません。時にはフォローをしてもらうことで、ストレスも解消できますし、また頑張ろうとやる気を出すこともできます。売上が伸びない、生徒が集まらない、親御様に良い印象を持ってもらえているだろうか、と深く悩んでしまう経営者も少なくありません。

HPをつかって集客する

各家庭にパソコンがあり、またスマートフォンやタブレットが普及していることからHPをつかって集客する方法が注目されています。
学習塾について調べたいとホームページを確認する親御様も多いので、ホームページづくりに力を入れましょう。

メディア戦略をたてる

HPを作る際ですが、メディアについて考えましょう。
まず学習塾の公式サイトを作り、併せてブログとメールマガジン配信も行うなど、様々なメディアに取り組むと生徒数を増やしやすいです。公式サイトでは、どんな学習塾にしたいのか教師の思いを掲載する仕方も効果的でしょう。
どんな目標を持ってカリキュラムを進めていってもらえるのか、またどんな生徒さんが通いやすい学習塾なのかを知ってもらう良い機会になります。
併せて他の学習塾との違いを感じてもらえる文章やコンテンツを掲載しましょう
時間割やカリキュラムについて掲載する方法もありますが、小学生に来てもらいたいのか中学生や高校生に来てもらいたいのか、ターゲットを絞る良い方法となります。

ブログ集客

続けてブログについてですが、ブログを掲載することでどんな雰囲気の学習塾か伝わりやすいです。
どんな生徒さんが通っているのか、どんな風に授業が行われているのか分かりやすいよう、写真も併せて掲載すると良いでしょう。
公式サイトは頻繁に更新ができませんが、ブログは日々更新ができるため、部活で忙しい。

メルマガ集客

メルマガについてですが、今後の授業の予定やキャンペーンのお知らせを告知するためにも良い方法となります。メルマガを見て、ホームページにアクセスをするというパターンもありますので上手に活用しましょう。

SEO対策集客事例

インターネットで地域の学習塾について調べたいと考え、検索をする方が多いです。
そして検索結果の上位に自身の経営する学習塾のホームページが表示されれば、ホームページを見てもらうチャンスが増えます。
地域名を入れ、スペースを空けて学習塾と検索をされる方がほとんどなので、SEO対策をとりましょう。最近はパソコンからだけではなく、タブレットやスマートフォンから検索される方も多いです。そのため、タブレットやスマートフォンにも対応しているホームページづくりも行いましょう。
地図から検索ができるよう設定をするのもおすすめの方法です。
また電話番号は必ず掲載するようにし、ホームページを見た方が連絡をしやすいようにしましょう。

広告集客事例

チラシを配ったり、ホームページを作ったりと様々な方法で集客をすることができます。
その他にもSNSやネット広告を利用する方法もありますので参考にしましょう。
興味を持ってもらうことでホームページへのアクセスを促し、それから電話などで問い合わせをしてもらえる流れも多いです。
問い合わせがあった際にどう答えを返すのか考えることも重要ですし、パンフレットを送ったり、無料体験に招待したりと次のアクションについても考えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。