年々増加している不登校の支援をするには?不登校向け学習塾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不登校になってしまった子に再び勉強をさせるには、無理やり学校に行かせるよりも学習塾のほうが効果的な場合が多いと言えます。じっくりと一人ひとりの生徒に向き合ってくれる個別指導や画期的なe-ラーニングを活用することで、学ぶ楽しさや自信を取り戻すことができるかもしれません。

不登校児童・生徒の現状

昔は子どもにとって学校に行くのは当たり前であり、たとえ学校で嫌なことがあっても、あまり親に話さない子が多かったようです。
今に限らず、いつの時代も仲間外れにされて一人ぼっちという子はクラスに必ず一人はいたものですが、たとえそうなっても、子ども自身が我慢して乗り越えてきたものです。
今でこそ、教師が特に誰に対して名指しはしないものの、仲間外れをしないように注意するのに対し、昔のほうが仲間外れはいけないといったようなことを話したり、仲間外れをしている子どもに注意したりする教師は少なかったと言えます。子どもにとって、学校で起こることは自分で解決しなければならないことだという認識があったからではないでしょうか。
それに比べると、今は子どもの数が少ないということや親との関係が何でも話せる友達のような間柄になったことも起因しているのか、子どもが学校で起こった嫌なことを親に伝えることが多くなりました。
そのため、小学校などでは親が乗り込んで教師に改善を迫るということが、むしろ問題となっているくらいです。
とはいえ、中学生くらいになるとこの状況はまた変わり、SNSの普及によって当事者にしか分からない仲間外れが行われるようになり、次第に登校拒否から不登校に至るケースが増えています。
中学生になったことで親にも話さず、一人で抱え込んで引きこもりになる生徒は年々増えていて、親としてもどう対処していいか分からずにあわてふためくばかりです。
そのため、年齢が上がるほど不登校になってしまう子は増えているのが現状です。

不登校生の課題

いったん不登校になってしまうと、再び学校へ行くということ自体が大変勇気のいることになってしまいます。
本人も行かなければと思いながらも、行く準備をしだすと体調が悪くなるなど、明らかな異変が起こることもしばしばです。
そのため、不登校に陥った生徒を救うために必要とされる存在となったのが、学習塾です。
学習塾といえば、受験勉強や成績を上げるために通うところというイメージがありますが、昨今は新たに学校に行けなくなった生徒を指導するための専任の家庭教師と教育プランナーと呼ばれる専門家がタッグを組み、学校に行けなくなってしまった子どもたちから話を聞き、軌道修正のための指導を行うようになりました。
この専任の家庭教師による授業と、教育プランナーの力によって、子どもたちは親にも言えなかった不安や悩みを打ち明け、再び勉強できるようになる場として、学習塾は今や欠かせない貴重な存在となっています。

塾でひとりひとりにあったサポートを

学校に行けなくなったとしても、学習塾で軌道修正ができるということが分かれば、親としてはせめて学習塾に行ってもらいたいと考えるでしょう。
塾の良いところは、生徒ひとりひとりに合わせて勉強の内容や授業を進めるスピードを決められることです。
特に、昨今は個別指導が基本となっていますので、子どもに合った先生を見つけることさえできれば、ほとんどの子どもが勉強に打ち込み始めるのは、非常に興味深いところです。
これは、何らかの理由で学校には行けなくなったものの、やはり勉強をしなくてはならないという気持ちが本人の心の中にあるからだと思われます。
個別指導塾であれば、周りと比べられることがなく、自分自身も周りを気にしなくていいことから、集中して勉強に取り組むことが可能です。
しかも、分からないところがあってもそのままどんどん進んでいく学校の授業とは違い、分からなくて立ち止まったところは、先生がすぐそばにいて分かるまで徹底的に教えてくれます。
分からなかったことが理解できたときの喜びは、勉強をすることを楽しいものに変えてくれますので、不登校の生徒が年々増える今の時代、個別指導の学習塾は学校よりも存在価値があると感じる親と子はかなりの数になるかもしれません。

個別指導は人件費がかかりすぎる課題

学習塾の中には、フランチャイズ経営で運営が行われているところもあります。
個人で塾を開業するとなると、どのように教えれば生徒の成績を上げることができるのか、不登校の生徒をどのようにして導くかといったノウハウから学ぶ必要があります。
また、これらの問題に精通し、成果を出すことができる講師を集めなければならず、開業までにかかる費用や時間、労力がかなりのものになることは推測に難くありません。
そのため、既にこうした問題に対応できるノウハウを持っている塾経営のフランチャイズに加盟し、ノウハウを伝授してもらう他、塾そのものが持つ看板の力を利用して講師を集めることにしたほうが、初期投資にかかる費用を抑えることができます。
さらに、昨今のフランチャイズ経営で非常に画期的な進歩を遂げたのが、人件費を抑制できるようになったことです。
有能な講師を集めなければならない塾ですが、最大の難題は人件費がかかることです。
仮にフランチャイズで運営に乗り出し、経営のノウハウを伝授してもらったとしても、人件費で全て利益が飛んでしまったのではどうにもなりません。
これを大幅に改善したのが、次世代型個別指導と呼ばれる講師をデジタル化した方法で、まさにIT技術の結集と言えます。

eラーニング教材をうまくつかい、人件費をかけずに経営を

芸能やスポーツなどで一芸に秀でている子は、あえて全日制の高校に行かず、通信制高校で学ぶという選択をすることがあります。
不登校の生徒が通う学習塾とは趣旨が若干異なりますが、勉強の仕方としては、先に挙げたデジタル教師による授業で勉強することになるという点で共通しています。
これがいわゆるeラーニングと呼ばれるシステムです。
生徒は自宅でパソコンなどを使い、デジタルな授業を受けるというのが、これまでになかった特徴と言えます。
不登校になった生徒を教える学習塾を、フランチャイズ経営で行おうと考えたとき、eラーニングシステムが講師を抱える人件費の大幅削減につなげられることは明らかです。
また、実際にデジタル教師による授業は、不登校に陥った子や途中で学校をやめてしまった退学生にとって、自分だけに向けて授業を行ってくれる個別指導であることは確かです。
フランチャイズ経営による学習塾運営にあたって、本部によって緻密に考え、精巧に作られたデジタル教師による指導方法を導入することで、生徒それぞれの弱点を見つけ出すという機能を備えた塾にすることができます。
そのため、塾講師が一人ひとりの生徒に向き合うように、デジタル教師から学ぶeラーニングで、同じく個別指導が可能になるという仕組みの構築が可能です。

個人で塾を開業するときの心強い味方

個人で塾を開業するとなると、とてもこのようなシステムを導入することはできませんが、フランチャイズでならできます。
不登校になってしまった子にとっては、たとえ塾で講師一対一であっても、人と接する自体がしんどいと感じるかもしれません。そのようなときは、デジタル教師によるeラーニングで勉強を始め、理解が進んで自信を取り戻していく過程において、徐々に人との関わりもうまくできるようになっていくと考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。