塾の生徒数は平均何人?個人塾開業に向けて知っておきたい生徒数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

学習塾は生徒や講師、経営者など、多くの人が集まるところです。それぞれが求めるものをいかにして成し遂げていくかが、塾の品質を上げ、経営を成功させていくことにつながります。学習塾が果たす役割が重要さを増す中で、生徒だけでなく指導者と経営者にも学び続ける姿勢が大切です。

学習塾の平均生徒数と売上高

今や受験競争を勝ち抜くためには、学習塾が果たす役割は大変大きく、必要不可欠と言っても過言ではありません。学校の授業だけでは、補いきれない学力をつけるのが、学習塾に求められている大きな要素となっています。そんな生徒たちに必須の学習塾では、多くが個別指導制と集団指導制の形式を取っているところが目立ちます。
一人ひとりに対して丁寧な指導を行うことができる個別指導の場合、2012年12月時点のデータによりますと、入塾してくる生徒の平均数は41名程度となっており、平均売上高は約1323万円となっています。
対して一つのクラス内で複数の生徒を指導する集団指導の場合は、同じく2012年12月時点のデータで平均生徒数がおよそ88名、平均売上高は約2050万円が相場と考えられている状況です。これは1教室当たりの年間売上高であり、規模によって大きな違いが出てくるのは言うまでもありません。
個別指導と集団指導を比較してみると、売上高としてはやはり個別指導の方が多くなっています。
生徒数の平均から見てみても、集団指導よりは個別指導を選択する生徒の方が、多くなっている実態を垣間見ることができるでしょう。
すなわち個別指導に力を入れることで、生徒数の増加が見込め、ひいては集団指導においても生徒数の増加を見込むことが可能になると考えられます。
生徒数が増えれば平均売上高もアップしますし、さらに学習塾運営の強化を図ることも可能です。
このように見てみると、生徒数の確保が売上高の増加につながることが、はっきりと認識することができます。

学習塾に求められる品質

学習塾の品質を上げるには、まず何よりも生徒の学力を十分に伸ばすことができる有能な講師を揃えることが重要です。前述の通り、学習塾が指導を行う形状には多くの場合、個別指導と集団指導がありますが、どちらも講師の指導方法が学習塾の品質を左右すると言ってもいいでしょう。
特に個別指導の場合は、講師と生徒の個人としての相性も見過ごすことができない重要なポイントです。まず最初に生徒が講師を信頼してくれるところから、個別指導はスタートすると言えます。
そして指導を行う過程においても、信頼関係の構築を図り続けることが必要です。
学習塾の指導を継続して受け続けるためには、講師が生徒に対して分かりやすい指導を行うことはもちろんですが、指導を行う講師自身の人柄や人間性も大きく関わってきます。
指導を受ける生徒側としては、国公立大学の卒業生や現役大学生、あるいは有名難関私立大学を卒業した講師や、在学中に講師をしている人を講師に望む傾向が多く見られます。
しかしながら、それだけではなかなか生徒との円信頼関係を築きつつ、円滑な指導を行うことが難しいこともあります。
生徒の個性を見極め、個人としての人格を尊重しながら、各人に合わせた指導ができるよう、努力を怠らない講師の存在が、学習塾の品質に求められる最たるものと言えます。
個別指導を希望する生徒が増加傾向にあるとはいえ、集団指導も学習塾の品質の善し悪しに大きく影響を及ぼします。
集団指導の場合は、個人指導に比べて一人ひとりと向き合う時間が少ない代わりに、レベルの高い授業が行われるという特徴があります。
集団で指導を受ける生徒は、ある程度の理解をすでに深めていますので、そのレベル以上の指導を行う必要が出てきます。
すなわち、このレベルをクリアできるだけの指導力を備えた講師がいるということが、学習塾にとって必須条件なのです。
集団で指導する講師には、人を惹き付ける話術や巧みな指導方法を持つ人物であることが理想でしょう。
集団指導について行けない生徒が出ることは、塾にとっての品質を下げることにもつながります。
分かりやすくて面白い指導をしてくれる先生がいる塾として評判を勝ち取ることができれば、おのずと塾の品質も上がっていくに違いありません。

学習塾未経験でも成功できる方法とは

学習塾の経営者は、必ずしも生徒を指導できる講師でなければいけないということはありません。
中には指導は一切行えないけれど、塾の経営に関してずば抜けた才能を発揮して成功している人もいます。昨今の学習塾に求められる傾向としては、やはり個別指導を充実させることが重要になってきています。
生徒が指導を受けやすい環境づくりを行うことはもちろんですが、じっくりと丁寧な指導をしてくれる講師を揃えることが重要課題となります。
指導に関するエキスパートを揃えることで、生徒が集まり経営が安定して学習塾の成功につながりますし、経営が安定することで、集客に向けての広告や宣伝活動を行うこともできます。
学習塾の経営と聞くと、指導者としてのスキルを備えていないとできないと考えがちですが、言うなれば学習塾経営も立派なビジネスの一つです。
生徒の指導は、指導力のある講師に任せるのが一番です。
その代わりに経理や営業に関する知識を豊富に持っているならば、学習塾の経営者として立派にやり遂げていくことができます。
長年企業で人事の仕事に携わった経験がある人ならば、生徒と講師の橋渡しという大切な役割を果たせます。生徒が安心して指導を受けられるようにできれば、たとえ未経験であっても経営者として成功できる可能性を秘めているのです。

デジタル化により品質の均一化と改善を

現代社会では、パソコンやスマートフォンの使用が普通になってきています。
学習塾においても指導をデジタル化することで、指導の均一化を図ることが可能です。
指導内容をデジタル化して講師による指導のばらつきをなくせば、指導内容を均一化することができます。
指導内容をデジタル化して均一化することによって、パソコンやスマートフォンを利用した指導を行うことも可能です。
教室内ではデジタル化したグラフや説明図を使用すると、生徒の理解力アップにつなげることができます。
また使用するテキストなどもデジタル化した方が、デジタル機器に慣れている現代の生徒が使いやすいというメリットがあります。
視覚的に得られる情報はインプットされる力が強いので、これまで難しかった指導に関する改善策にもなるでしょう。デジタル化したテキストや資料を、講師が的確に使用することができるようになれば、指導品質の均一化を達成することができます。

パートナー、塾開業専門家のサポート内容

学習塾の経営を成功させるためには、経営方法や集客力に関するノウハウに長けた専門家のアドバイスを受けることも重要です。実際に塾経営のサポートを行っている企業とパートナー契約を結んでいる学習塾もたくさんあり、経営の成功につなげています。
そんなパートナー企業では、主要科目である国語と数学、英語の教科の理解が易しくできるよう、アニメーションを使用した教材の提供を行っています。
また、パソコンやタブレット端末を使用したインターネット教材もあり、個々人の学習しやすさを優先できるようにしてあります。
学習塾の経営者には、開業や経営の成功につなげるために重要な成功事例の説明や、有効な指導内容の説明を行います。個別指導か集団指導かによって、取り入れるカリキュラムを変える必要も生じますので、生徒の学ぶ力を上げるカリキュラム作りの提案を受けることも可能です。
新規に開塾する場合は、立地条件の良さや集客が充分可能なエリアかどうかを調べることも重要になります。
また物件探しをする際には専門家のアドバイスが大変有効で、これらのサービスを行ってくれるパートナー会社との提携が塾経営の成功を握る鍵と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。