教師を定年退職後も生徒に教え続けたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塾経営という分野において新たに開発した画期的なeラーニング素材を提供してくれる上に、フランチャイズならではの初期投資費用の問題を排除したパートナーの出現によって、塾経営に乗り出して成功する人が増えてきています。

定年退職後も仕事を継続する人が多数派に

生涯現役をスローガンに、高齢者にもどんどん仕事をしてもらおうと考えている政府は、企業に対して定年の年齢を65歳から70歳へと引き上げるよう要請しています。また、65歳はまだまだ若く、高齢者とは言えないという声が圧倒的多数になってきているため、高齢者の定義を75歳からとすべきという意見も多く聞かれるようになりました。65歳で高齢者扱いされるのを嫌がる人が多いということを鑑みるに、まだまだ現役バリバリで働ける年齢だと言う見方も自然と言えます。
仕事をとったら何も残らないという仕事人間だった男性は多く、こうした人たちこそ、退職後に自分の得意なことを仕事にして、楽しみながら生涯現役で仕事をし続けたいと強く思うようになってきたのではないでしょうか。
そのため定年退職後も仕事をする人が、今や多数派となってきています。

教師の定年退職後、塾開業をして教え続けるひとの事例

教師の定年退職の年齢は一般的に60歳で、政府の退職年齢引き上げ策を受けて、60歳以降は非常勤講師として引き続き勤務し、クラス担任などは引き受けずに65歳まで定年を伸ばして働く傾向になってきています。あるいは、60歳以降は一応退職という形をとり、専門教科だけに絞って、クラスがあるときだけスポット的に入るシフトに切り替えるアルバイトとして雇用しなおすという学校もあります。
ただ、こうしたスタイルをとっているのは、私立の学校がほとんどで、公立学校の教師は60歳から65歳への定年延長が検討中です。
この60歳定年だった学校教師の中に、定年まで後5年の55歳で退職し、学校とは違うところで子供たちに勉強を教えるという選択肢をとった人がいます。
学校での仕事はかなりのハードワークだったことや、海の見えるところで老後はゆっくりと田舎暮らしをしたいという夢を持っていたことから、学校にこだわらないことで今すぐにでも実現できるのではないかと考えたのです。
その結果、塾を開業するという選択をし、塾講師として第二の先生となったわけですが、この人が成功した理由に、若いうちから塾の経営に興味を持っていたということも挙げられます。
塾なら、学校ではできない方法で勉強を教えられるという、塾の良さをしっかりと認識していたからです。
学校は学校の、塾には塾の良さがあると分けて考えられたことが、塾の開業という選択をとったことによって、定年のない仕事場を得ることができたと言えます。

大学講師退職後に塾講師になった事例

大学講師を退職後、塾講師になって成功した人の事例で興味を引くのは、塾の経営というのは素人でもできるのかということです。
この事例では、塾の経営はそう簡単ではないと考え、事前にいくつもセミナーに参加していたことが結果的にメリットになりました。
それというのも、個人で塾を経営するとなると、講師の確保から教え方をどうするか、さらには場所の問題から生徒をどうやって集めるかなど、子供に勉強を教えることとは別次元の経営者としての手腕が試されることを、先に理解していたからです。
こうした難しい要素をクリアしつつ、新しく開業した塾を軌道に乗せるには、通常フランチャイズという選択がとられます。
塾にもフランチャイズ経営方式は最適で、本部によってすでに作り上げられたシステムを導入することによって開業にあたっての不安を解消することができます。
教えを乞うのに選んだ先は、生徒を指導するにあたってお約束といっていいフランチャイズ契約における加盟金が要らず、さらにはロイヤリティを支払う必要もないため、厳密にはフランチャイズではありませんでした。
通常、フランチャイズではノウハウを使わせてもらえる代わりに、これらのお金を収めることになり、ある程度まとまった初期投資費用が必要になりますが、この事例ではフランチャイズ先が初期投資費用を要求しないという画期的な方法を導入していたことにより、開業に当たっての最大の問題であった資金面の不安を払拭できたのです。
そのため、フランチャイズではない新しいタイプのサポートと言えるでしょう。

塾開業後に複数教科を一人で教えるのは大変

場所があり、開業資金もあるという人であれば、フランチャイズ契約に必要なお金を払うのはもったいないということで、自力でオープンさせるというやり方もあるでしょう。
とはいえ、実際にオープンさせてみると、すべての教科を一人で教えるのは大変です。
そこへさらに塾経営のための仕事もしないといけないとなると、オープンさせることはできても、その後、経営を軌道に乗せるのは非常に困難と言えます。
仮に講師を確保できたとしても、できるだけ人件費を抑えようと複数科目担任制にした場合、講師にとっての負担は大きくなります。
すべての教科に精通していないといけないからです。
まだ小さな子のための学習塾であれば何とかやっていけるかもしれませんが、受験を突破したいといった子を教えるには力不足になるのは容易に推測できます。
そのため、塾においては教科専任制が適していますが、そうなると教科ごとに講師を揃えることになり、人件費抑制は不可能です。
学校に対する期待値が下がる一方なのに対し、塾に求められる水準はどんどん上がってきていますので、複数の教科を一人で抱える教え方を求めて講師を雇おうとすると、講師が見つからないということも起こってくると考えられます。

パートナーとの出会いにより開業後も安心

新しく事業を始めるにあたって、共同経営者を持つ人は多くいます。
塾経営を決心し、大学で教えるのをやめて塾経営をすることに決めて成功した事例で言えば、パートナー企業が、フランチャイズではないサポートで助けてくれる会社だったからという要素が大きかったと言えます。
加盟金とロイヤリティをとらないというフランチャイズでは鉄則とも言える要素がないのに、なぜ開業をサポートするかというと、ランニングコストを抑えてできるだけ早く塾経営を軌道に乗せてほしいと考えているからです。
それでいて一般的なフランチャイズが行うサポート体制はしっかりしているため、お金の心配なく塾経営を始められる上に、パートナーとして頼れる存在を確保することができるのが、開業後も安心していられる理由と言えます。

eラーニングをうまく使うことが成功への近道

最新の塾経営を目指すにあたって、教材選びは重要です。
昨今はインターネットを使うことはどんな事業分野においても欠かせないことから、塾経営においてもインターネットを使うことを計画する必要があります。
eラーニングとは、インターネットを使って講師の授業を自宅のパソコンで受けるという方法ですが、便利な一方、ただ受け身の授業でしかないために成績が伸びないというのも事実です。
サポートはしっかり行いながらも、フランチャイズではないのが特徴のすららネットは、独自教材システムのすららを開発し、これまでのeラーニングにはなかった画期的な内容を採り入れています。
これによって、子供たちが楽しく学べ、しっかり勉強することができるようになったのが大きな特徴です。
また、塾経営の視点から言えば、講師を多数確保しなくて済むことから経費削減につながり、早く経営を軌道に乗せることにつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。