どれくらいが相場?塾経営者の規模別年収について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塾経営と言っても塾の規模は様々あります。開業の仕方も様々です。今回は塾経営者年収を規模別に解説していきます。

業態別に見る平均

塾の経営は大まかに分けると2種類あります。フランチャイズ型と個人塾です。フランチャイズ型の塾に加盟している人の年収は、200万から1000万円とかなり開きがあります。個人で経営している塾でも、やり方次第では1000万円を超えることも可能です。会社員の毎月の所得、平均年収を上回る人も多くいるのです。

どちらの方が良いとは決めづらいものの、同じ規模であれば個人で経営している塾の方が年収は高くなります。その理由は、フランチャイズを選択した場合ロイヤリティーを支払わなければならず、その分が差し引かれるからなのです。ロイヤリティーの支払いに抵抗がある人も少なからずいます。そういった人達は、フランチャイズではなく個人経営の方を選んだ方が、ストレスなく働けることでしょう。

フランチャイズ経営の平均年収

年収1000万円を超える人がいるのは事実ですが、平均すると500万円から600万円であると言われています。ただし所得はキャリアと規模によって変化します。

開業1年目は低い年収からスタートして、年月とともに上がっていくのです。ロイヤリティーを支払うことをデメリットに感じる人も多いようですが、もし大手の傘下に入ることができれば、安定した収入を期待することができます。塾業をスタートさせて間もない人は、フランチャイズにまず加盟することにより、ノウハウを身につけるといいでしょう。安定した所得を望む人は、こういったやり方をよく選択する傾向にあります。またフランチャイズと数年契約し、満を持してから独立するというひともいます。ただしフランチャイズ運営会社との契約内容には細心の注意を払う必要があります。通常同様の事業を他で展開してはならないなどの規定がある場合が多いためです。すべてを鵜呑みにせず取り組みましょう。

個人経営の平均年収

個人で塾を経営する場合のメリットは、フランチャイズと違って「場所選びに捉われることがない」ということです。例えば多くの生徒を抱えたとしても、あまりに高い教室使用料がかかってしまえば、当然ながら儲けは少なくなります。個人で塾を経営する人の中には、使用していない自分の持ち家を改築して教室に変える人もいます。

もしテナント料が発生しないのであれば、1ヶ月に1万円の月謝設定で、30名の生徒を抱えられる。月額に換算すると30万円の収入となります。それが1年間続けば360万円が年収に。およそ400万円前後が個人経営の平均年収と言われています。

個人経営の塾では複数の教室を掛け持ちするということが、実質、不可能となります。体がひとつしかないわけですから、「フランチャイズのように複数の人間で塾を回すことができない」のは、弱点と言えるかもしれません。

個人で経営するとなると、抱える人数にどうしても限界が出てきます。確かに年収を上げたい場合は、多くの生徒を集めるのが絶対条件です。しかし増やしすぎると、生徒の個性を把握することが難しくなりますし、「受験で志望校に合格する」という本来も目標達成も危うくなってきます。

安定した年収を得たいと考えるのでしたら、まず自身のキャパシティーを知るべきです。許容量以上の塾生を獲得できたとしても、授業の質が下がり保護者の信頼を失ってしまっては、本末転倒と言わざるを得ません。

「所得は授業内容に大きく左右される」ということは、常に意識しておきましょう。年収を上げたいと焦るあまり、自分ができること以上のことをやろうとして失敗してしまうケースがあとを絶ちません。フランチャイズであれば、「今のやり方を続けても成果が上がらないので、もっとここを変えた方がいい」という忠告をしてもらえます。

過去の成功例失敗例のデータがたくさんありますから、それと照らし合わせることである程度の正解が見えてくるのです。しかし個人経営者は、全てを自分で賄わなければなりません。だからこそやりがいもあるのですが、視野狭窄状態に陥り袋小路に入っていった際、引き止めてくれる人がいないのはデメリットと言えるでしょう。主観的になる人よりも俯瞰で物事を観察できる人の方が、個人経営に向いています。

個人経営で高い所得を得たいのなら、「あそこの塾へ通うと必ず成績が上がる」という評判を獲得することです。その上で月謝を高く設定すれば、納得した保護者が子どもを通わせてくれることでしょう。少子化になってきていることもあり、塾業界は競合がひしめく世界です。入念なリサーチをした結果「地域の中で最も安値にしておこう」と考えることがあるかもしれません。しかし多くの年収を望むのなら、このやり方はやめておいた方がいいでしょう。

高い値段設定に見合うハイクオリティーな授業をすることが、個人で高額の収入を目指す際の、絶対条件と言えます。「あそこの塾へ通わせれば、高い投資に見合う成果が必ず見込める」と保護者から思ってもらえば、おのずと年収も上がっていくのです。特色を出して成果を出し続けることで、「個人経営者でもやり方次第で大きく儲けることが可能である」ということを覚えておきましょう。

規模別の平均年収

年収は教室の規模や生徒数によって変わってきます。塾経営の経験がないと「何人集めることがどれくらいの収入につながるのかがわからず不安に感じる」ということもある様です。おおよその目安ではありますが、教室の数や生徒数によって、収入はある程度見込めます。それではフランチャイズに加盟した場合の、規模別年収の詳細に関して詳しく見ていきましょう。

生徒数20〜30名の場合の平均年収

教室がひとつで生徒数が20名から30名の規模では、年収が200万円から500万円の間となります。平均すると300万円前後となります。塾業を始めて最初の数年はひとつの教室を持つことで手一杯の人がほとんとですから、あまり高望みをしすぎない方がいいでしょう。

もし一気に生徒数を増やしてしまい、個々の対応がおざなりになってしまうと、悪い評判を呼びかねません。そうなると後々経営にまで響きますので、初期段階は慎重に慎重を重ねるほどでいいのです。これまでに塾業の経験がある人は、最初から複数店舗の経営を手がけることがありますが、あくまでそれはレアケースと言えます。

生徒数30〜50名の場合の平均年収

教室が1店舗から2店舗で生徒数が30名から50名では400万円から700万円が年間の所得となります。「1000万円を超えること」が、塾の仕事を始めてからのひとつの到達点であると考える人はたくさんいます。だからと言ってすぐに年収1000万円へ手が届くものではないのです。

着実にノウハウを学んでいき、地道な努力を重ねることが年収アップにつながるということを、心得ておきましょう。これくらいの時期になると、優秀な講師を雇用することができる人も出てきます。

生徒50〜70名

2教室以上の体制になってくると、それに比例して所得も跳ね上がります。生徒数が40名から70名になると、最低でも400万円となり、念願の1000万円越えも夢ではなくなってくるのです。がむしゃらに働いている時期と言うのは、ノウハウを蓄えるタイミングです。店舗を増やして年収が上がれば「いかに儲けることができるのか?」ということが、肌でわかってくるため、さらなく規模の拡大を望むことができます。

生徒100名以上

複数の店舗を経営することが板につき、自らが思い描いたようにことが運ぶため、楽しくてしかたがないときとも言えるでしょう。年収1000万円の大台に達する人が増えてきます。

やはり成果を上げるには、優秀な人材を集めなければなりません。コミュニケーション能力が高く、教えることが上手で、生徒に寄り添えるといった何拍子も揃った講師を数人配置することができれば、経営は安定します。特色を持ち生徒のやる気を引き出して、その上教えることにも長けているという人が、実際に存在します。予備校の講師出身で、今やテレビに引っ張りだこである林修氏などをイメージすると分かりやすいかと思います。

塾の本分は何かと言えば、学習するところであるところは間違いありません。生徒目線で言えば「いかにして学ぶか?」が重要です。学習塾には数年に渡って通うことが珍しくありません。その期間「楽しく学ばせてくれる講師に習うのか?」それとも「淡々と事務的に、必要最低限のことを教える講師に習うのか?」で大きく違います。

受験勉強はマラソンと同じですから、毎日のモチベーションが非常に大切です。「勉強が苦しい……」と感じた際に、続ける意義をきちんと伝え、生徒の精神状態を的確に見極めなければいけません。「タイミングを見定めて、必要な言葉をかけてあげることのできる」その様なレベルの高い講師を雇えれば「鬼に金棒」と言えます。

塾の規模を拡大して年収をアップさせたければ、常に保護者と生徒の気持ちを考えるようにしましょう。それらのニーズに応えることが、年収1000万超えへとつながるのです。

もちろん、たくさんの生徒を集めるバリューのある講師は高給取りです。投資する金額も大きくなりますが、それに見合ったリターン、もしくはそれ以上のリターンを望むことができます。クオリティーの高い講師を複数雇うことで、保護者からは「あそこの塾へ大切な子どもを預けることができる」という安心感を持ってもらえるのです。

規模を拡大すると、必然的に起こることがあります。それは生徒同士による切磋琢磨。人間は環境の刺激を受けることによって、能力が上がります。周囲に頑張っている人が多いところに身をおくことで、「自分も負けずにもっと勉強しなきゃ!」と思うようになるのです。

生徒間の絆も生まれますので、落ち込んでいる際には、励ましの言葉をかけるなど、相互に心の交流ができる様になります。雰囲気の悪い場所には、誰も通いたくありません。反対に温かみのある教室には、自然と人が集まるようになります。「あの先生は親身に指導してくれる」とか「あそこの塾へ通うことで勉強以外の部分まで成長できる」など、口コミで噂が広がり、さらなる集客につながることでしょう。

塾はある意味で、ブランド産業です。「〇〇塾へ通わせれば受験に合格できる」と思わせることが、ブランド力の強みです。ここまで規模を拡大できて、収入を増加させることができれば、ロイヤリティーに頭を悩ましていた人も、そういった悩みから必ず解放されます。

年収は参考程度にしておこう!

ここで挙げた年収というのは、目安になるものとしてあくまで参考にしておきましょう。形態によってその数値が変化することもありますし、フランチャイズに選んだ会社との契約の仕方で、所得は変化するものです。ただしひとつの基準になることは確かです。ここで書かれている年収を目指すことによって、塾経営に対するモチベーションを上げることはできるでしょう。

オーナーを続けるということは、様々な艱難辛苦を乗り越えなければいけません。もちろんそれ以上に喜びもありますが、辛いときほど目標を忘れずに邁進することが重要となってきます。年収も大きな動機づけになるでしょう。それ以外にも「生徒の成長を身近で実感できる」など、塾に関わる人ならではの喜びはたくさんあります。そういったことを「いかにたくさん見つけることができるか?」が結果的に年収を上げることにもつながるのです。

「楽しんでいる人には勝てない」という言葉があります。客観的に見たら辛い状況であったとしても、「どうやってこの困難を乗り越えてやろう?」と思える人こそ、塾のオーナーに向いていると言えます。いつもワクワク感を忘れずに、日々の業務を楽しみましょう。

まとめ

塾を経営するにあたり、どれくらいの規模がいくらほどの年収につながるのかを、見てまいりました。規模の拡大はすぐにできることではありませんし、簡単ではないことも確か。しかし色々なことを着実に学んでいくことによって、何をすればいいのかが見えてきますので、仕事への意欲につながります。

性格によっては「小規模でじっくり生徒と向き合いたい」という人もいるでしょう。規模を大きくするにはどうしても人に任せて分業制にするという要素がでてきます。こだわりが強くて「全てを管理したい」と切に願う人は、あまり大きな規模を目指さない方がいいでしょう。

現場を大事にしてひとりひとりと向き合いながら、小規模経営を行うというのも、もちろん素晴らしい選択肢です。各々にマッチしたやり方を選んで、楽しみながら塾の経営をできる様になるといいですね。

番外編

年収は規模の拡大によって増やすことができるとお伝えしましたが、規模の拡大とは考えを切り替え、規模を拡大することなく、低コスト経営を行い年収を増加させることも可能なのです。詳しくは低資本開業、講師不要、低コスト経営のすららネット開業事例集をダウンロードしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塾開業・経営に成功した塾の事例集






事例一覧・独立開業事例

  • Uターンして塾を開業

  • 元学校教師が独立開業

  • 未経験からの独立開業

  • 保険代理店からの塾開校

  • 営業職からの独立開業

  • 一般企業人事部からの独立開業

  • 様々なFCを検討した結果『すらら』で開業


・既存塾事例

  • FCを脱退して開校

  • 既存塾がICTへの切り替えに成功

  • 老舗塾が新業態開校

  • Skype英会話を活用

  • 英会話教室が塾を併設

  • 予習型×家庭学習

  • 幼児教育教室が塾を併設

  • 反転授業を実現

  • 集合塾がICT導入に成功

  • 国語に強い塾

  • 超先取り学習で学力の高い生徒を指導




無料でダウンロード

SNSでもご購読できます。