フランチャイズでの塾経営は個人経営と比べて何が違うのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塾の経営はフランチャイズ経営個人経営のふたつがあります。フランチャイズでの経営や個人経営と比較して、どのように違っているのかを具体的に解説していきます。

そもそもフランチャイズシステムとは?

フランチャイズという言葉自体はコンビニ経営などで、耳にしたことがある人も多いことでしょう。FCと表記されることもあります。複数の加盟店をまとめる本部があり、足りていない部分を補足しあうシステムです。もしフランチャイズに加入することなく開業すれば、全ての業務を請け負わなければいけません。

初期段階で必要になってくるものの手配や宣伝など、かなり手間のいることをフランチャイズは代わりにやってくれるのです。特に塾をスタートさせて間もないときは「まず何をしたら生徒が集まるのか?」といったことが、よく分かっていないかと思います。そういった人はフランチャイズに加盟することで、長期に亘って培われてきたノウハウを伝授してもらうことが可能になります。

塾経営において立地は、かなり重要な要素です。そういった面に関しても「ここの場所はこういった理由から、たくさんの生徒を集めることができる」と、具体的に教えてもらえます。通常であれば自ら行動して失敗しそこから学ぶことを、過去のデータから「失敗する前に学習できる」というのがフランチャイズに加盟する強みと言えるでしょう。

宣伝は費用がかかります。ルートがないと大々的に塾の宣伝を行うことは、まず不可能です。フランチャイズに入ることで、そういったルートの活用なども期待できます。一定金額を本部に支払う必要はあるものの、多くの見返りが見込めるのです。

長くなりましたが要約するならば、定期的にお金を収めることによって、普通であれば知ることのできないノウハウを教わり、代理で様々なことをこなしてくれるという業務形態。これこそがフランチャイズシステムなのです。個人経営はかなりギャンブル性が高いのに対し、フランチャイズはある程度リスクを回避できるため、安定した塾経営をすすめやすくなります。

塾経営のプロセスで見る両者の違い

フランチャイズ開業で急ぎの開業を希望し、「フランチャイズに加盟したい」と考えたとして、最短で資料を請求したその2ヶ月後の開校が可能なのです。非常にスピーディーに事業を展開していくことができます。18日に亘る研修を受けることにより、開校前や開校後にサポート受けることができます。

開校前には経験豊富な開校支援スタッフによって、どうすれば成功に近づくことができるのかを、具体的に伝えていきます。開校後は今後使っていく教室を使用して研修を行います。これをやっておかないと、実際に生徒が来校してから戸惑うことになるのです。体験授業などをしておけば、生徒が来てからもスムーズに対応することができます。支援スタッフがすぐ近くで「応対の仕方にミスはないのか?」などをチェックし、改善すべき点があれば、その都度、的確に伝えます。

個人経営の塾の場合、どの場所でやるのかなどを全てオーナーが決めます。難しいのが「立地と空き教室の兼ね合い」です。個人で行う人は「できるだけテナントの料金を抑えたい」と考えるのは当然と言えます。

自身の持っている家の開き部屋を改築して、教室に使うケースがあります。もしそこが好立地であれば、何の問題もありません。しかし、人通りの少ない場所であったり、利便性が悪かったりすると客足は必然的に遠のいてしまいます。

またお年寄り中心の高齢化が進んだ場所で開校してしまうと、人通りが多くても子どもがいなくて集客に苦しむということもあります。つまり個人で開校する場合は、そういったリサーチや宣伝なども含めて全て自分で行うことなのです。その為、肉体的、精神的にかなり疲弊すると言っていいでしょう。

開業までの準備

先ほど例に挙げた城南コベッツの場合、開校前にオーナーが受ける研修というのは、導入、生徒指導、入試情報、面談実施、営業、講師育成、業務、教室実施、システム、税務の10項目となります。網羅的な内容になっていますが、この全てをしっかりと頭に入れることで、来るべきスタートの日に備えます。「折込チラシには何を記載すればいいのか?」や「どこへ配るのか?」「何枚配ればいいのか?」といった詳細までを、開業までの研修で教えてもらうことができます。採用した講師と一緒に研修を行うことで、自然と「一緒に成功を手に入れよう!」といった、一体感が生まれるようになっています。

どのフランチャイズも自社のブランド力を高めるために、経営者や講師の育成に力を注いでいます。開業準備の指導を受けながら、不明点に関してはこの機会にどんどん訪ねましょう。本部の人達とのコミュニケーションを深めるチャンスですし、熱意をアピールすることができます。

市場調査

塾を始めるに当たって市場をリサーチしておくことは、非常に大事なことです。これらもフランチャイズに加盟すれば、具体的なデータを教えてもらうことができます。まずその地域の年齢別人口の分析、そして人口の推移、塾の市場がどれだけあるのか、競合の数とその規模、獲得できそうな生徒数などを知ることで、これからどういった子ども達が来校し、どの様に事業を展開していくのかが見込めるようになります。

物件取得

家賃によって物件所得費は変動します。例を挙げますと家賃が20万円の場合、敷金が3ヶ月分ですので60万円、礼金は1ヶ月の20万円となります。また仲介手数料は1ヶ月の家賃と諸経費といった様になります。

好立地の場合は、当然家賃も高くなります。あまりに家賃の安い場所を選ぶと生徒自体がほとんど来ず、初期投資をなかなか取り戻せないケースもあります。なお契約形態によっては、物件取得費が開業資金の中に入らないところもありますので、内訳はしっかりと確認するようにしましょう。

内装、外装工事など

無事、物件が見つかったとしても、そのままでは塾の教室として使用できません。営業が可能になるように内装と外装を整えなければいけません。「ベストな導線は何か?」というのを、考えたことによって、大規模な工事になることもあります。

実際に生徒や保護者が教室を訪れた際にスムーズな移動をできるのか、に重点を置くことが大切です。内装費、外装費を削るよりも、足を運んだ人達が「使いやすい!」と思える室内にすることの方が大事であると言えます。

開業後

無事開校したあとは、まず保護者の信頼を獲得できるようにしましょう。せっかく入塾してくれたのにもかかわらず、「ここの塾で学習することに対して、どこか不安に感じる……」と思われてしまっては、継続して通ってもらうことができなくなります。信頼を得るには何をすればいいのかと言えば、答えはとてもシンプルです。質の高い授業をして、生徒に学ぶ楽しさを知ってもらいましょう。その積み重ねこそが、塾の評判にもつながってきます。

集客

集客面は基本的に本部が担当してくれます。この立地条件、値段設定でこれだけのチラシを巻けば、どれくらいの生徒達が来るのかというのは、これまでのデータからある程度、分析できます。

開校後の集客は口コミによるものも多くあります。今はスマホやパソコンを利用する人達がかなり多い時代です。悪い噂もそうですが良い噂もすぐに広まります。「あそこの塾へ通えば丁寧に教えてくれて、合格率も高い」と知ってもらえれば、生徒数はおのずと増えてきます。

開校前の集客はチラシを中心としたものですが、開校後はネットを利用することも増えてくることでしょう。塾というのは残酷なまでに結果が数字で出る世界です。何人がどこの学校に合格したのかなどは、一目瞭然となります。プラスのデータを開示できるようになることが、集客における重要事項と言えるでしょう。

授業

塾で勉強した生徒は家に帰って必ず親と、今日あったことの話をすることを頭に入れておきましょう。そこで我が子が目を輝かせながら「今日はこんなことを習って面白かった!」とか「先生がこんなアドバイスをくれた!」と語れば、親は安心するものです。生徒と親身になることも必要です。ある調査では「学校の先生よりも塾の先生に悩み相談をする」というデータが出ておりました。

それほど塾講師と生徒の関係というのは深いものになることが可能なのです。勉強のみならずトータル的なフォローを常に心がけましょう。その辺りの価値観をオーナーと講師が共有しておく必要があります。

悩んだ際に本部やスーパーバイザーに尋ねれば教えてもらうことができます。フランチャイズに加盟したからには、積極的に活用しましょう。「生徒がこういった状況で悩んでいるのですが、どの様なアドバイスを送ればいいですか?」といったことでも、本部に聞くことで答えが見つかるかもしれません。

フランチャイズのメリットは多くのデータを保持していることです。過去にあった様々なケースと照らし合わせることにより、正解が導き出されます。その場しのぎの答えを返すのではなく、本当に相手の悩みを解決できることを言ってあげることで、深い信頼を勝ち取ることができます。そしてそれが次の顧客獲得につながっていくのです。

日々の業務

ここからは営業や税務研修、入試情報の提供など、開校したあと続けて行う日々の業務について解説していきます。

営業、税務研修

開校後の営業方法や税務処理なども、覚えておかなければならないことのひとつです。特に税務の処理は塾の経営をしていく上で必要不可欠です。多くのフランチャイズは専門の税理士と契約を結んでいます。プロの視点から税務処理方法を教えてもらうことにより、日々の業務に反映させることができます。

入試情報の提供など

何度も記しているように、フランチャイズの本部にはたくさんのデータが保管されています。もちろん入試情報も例外ではありません。過去に出た問題の傾向や、ここ数年で変化してきたことなど、そういった情報を提供してもらうことができます。

本部には様々な教室からデータが送られてきます。それが数十年も積み重なってくると莫大なものになります。夥しい情報から導き出された答えは、かなりの確率で役立ちます。こういった貴重なことを知れるのも、フランチャイズに加盟するメリットと言えるでしょう。

フランチャイズ契約すると経営の難しい部分がほぼ0に

塾の経営を始めようとしても、分からないことの方がきっと多いかと思います。ここまで読んできて感じた通り、フランチャイズと契約することは、困難に思っていた経営に関する問題が「ほぼ解決へと導かれる」ことでもあるのです。

「餅は餅屋」という言葉がありますが、やはり塾のことはプロフェッショナルから教わる方がスムーズと言えます。もちろん「ひとりで全てを取り仕切りたい」と思う人も中にはいることでしょう。それ自体は素晴らしい考えですし、否定はしませんですが、ノウハウを知ることで前に進むスピードが格段に加速していくのもまた事実。

フランチャイズへの加盟を数年続けてから独立するという選択肢もあります。最初にその業界を知るために、契約するというのは賢明なやり方でしょう。完璧な人間などこの世には存在しません。誰にでも得手不得手があるものです。経営者と講師、この両方の才能が飛びぬけている人なんて、一握りしかおりません。だからこそ自分の短所を補ってもらう意味でも、フランチャイズの有効活用をおすすめします。

ただし、ロイヤリティー、加盟金などが必要

冒頭の方で少し触れましたが、フランチャイズに加盟すると、必ずロイヤリティーを支払わなければいけません。売り上げの何%の金額を献上するのかは、契約によって異なってきます。「生徒が20人以内であれば、ロイヤリティーは一切、発生しない」という形式のフランチャイズも、少しずつ増えてまいりました。

ロイヤリティーの支払いを高いと感じるか、安いと思うかはその人の自由です。しかし総合的なフォローをしてもらえるという多数のメリットを考慮すれば、それほど高い金額ではないでしょう。

なおフランチャイズ契約をしている人と、個人で塾を経営している人の売り上げが同じケースでは、ロイヤリティーが発生しない分、個人経営の人の方が所得は多くなります。

まとめ

フランチャイズへ加盟すると、どういった恩恵を受けられるのかについて書いてきました。細かいものを含めると「契約形態は会社の数だけある」と言ってもいいくらい、その形は多岐に亘っています。ほとんどは「何人の塾生を集められるか?」もしくは「いくつの教室を経営しているのか?」によって、おおまかなものは決まります。最初に支払う金額も1000万円前後に達するところもあれば、数百万円以内に抑えられるところがある様に、かなり幅があるのもフランチャイズの特徴です。

まずは自分がどういった面でフォローを受けたいのかや、何に対して知りたいのかなどをじっくりと考えて、自身にあった会社を比較の中から選ぶようにしましょう。ネットで検索すれば、契約形態の一覧を見ることも可能です。

儲けが出るようになれば、winwinの関係を築くことができます。塾の開業を考えている人で、トータル的なフォローを受けたい人は、ぜひ自分の探している条件にぴったりな会社を選択して下さい。フランチャイズの塾経営のメリットをお伝えしましたがそのフランチャイズに加盟することで享受できるメリットを受けつつロイヤリティーを払う必要のないすららネットという手段もあることはご存知でしょうか?

すららネットでは、塾開業に対するフォロー体制はフランチャイズ本部並みであるにも関わらずロイヤリティーフリーで教材費のみで塾を開業することが可能です。すららネットでの塾開業事例は無料で手に入れることが可能です。是非当サイトよりダウンロードしてみてください。

塾開業・経営に成功した塾の事例集






事例一覧・独立開業事例

  • Uターンして塾を開業

  • 元学校教師が独立開業

  • 未経験からの独立開業

  • 保険代理店からの塾開校

  • 営業職からの独立開業

  • 一般企業人事部からの独立開業

  • 様々なFCを検討した結果『すらら』で開業


・既存塾事例

  • FCを脱退して開校

  • 既存塾がICTへの切り替えに成功

  • 老舗塾が新業態開校

  • Skype英会話を活用

  • 英会話教室が塾を併設

  • 予習型×家庭学習

  • 幼児教育教室が塾を併設

  • 反転授業を実現

  • 集合塾がICT導入に成功

  • 国語に強い塾

  • 超先取り学習で学力の高い生徒を指導




無料でダウンロード

SNSでもご購読できます。