個人経営でもバッチリ!個人塾を開業する際に知っておくべきこと4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どんな事業を開業するにしても事前に開業するにあたっての知識や準備が必要です。特に個人で開業するとなると、自分自身で1から様々な手続きを行わなければいけません。ただ、をはじめる際にはどのような準備や手続き、資格が必要なのかわからないという方も多くいるのではないでしょうか?そんな方の為にこちらでは個人で開業するにあたっての必要な手続きや資格についてご紹介していきます。

個人で塾開業するときの手続きや資格は何が必要?

必要な手続き

はじめに個人で開業するにあたって必要になる手続きについて説明していきます。ももちろんですがそれ以外のどんな業種でも個人で事業を始める際には、税務署への「開業届け」が必要になります。開業届は身分証と印鑑さえあればその他の特別な許可などは必要ないので簡単に手続きを行うことができます。

[提出時期]

事業の開始等の事実があった日から1月以内に提出してください。
なお、提出期限が土・日曜日・祝日等に当たる場合は、これらの日の翌日が期限となります。

開業届:[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続

また開業届を提出する前に開業していても開業から1ヶ月以内であれば手続きを行うことも可能です。開業届と同じく事業を開始する際には、各都道府県の定めている決まりに応じて最寄りの市町村役場に「事業開始申請書」を提出します。この書類は区市役所のホームページ等でダウンロードが出来るので、必要事項を記入や捺印を行った上で提出しましょう。個人で開業する場合は税務署と市町村役場に開業についての届出の手続きを行えばOKですが、法人としてオーナーの他にも講師など他の従業員を雇う場合には、税務署への「給料支払事務所の開設届出書」の提出も必要になります。

開設届出書は従業員への給料の支払いが行われた1ヶ月以内が提出の期限となっています。従業員を雇う場合には源泉所得税などに関する手続きが必要ですが、個人で開業にあたっては特別な許可や申請などのややこしい手続きは必要なく、基本的に開業届さえきちんと提出していれば開業することが出来ます。

[提出時期]

開設、移転又は廃止の事実があった日から1か月以内に提出してください。

[提出方法]

届出書を1部作成の上、提出先に持参又は送付してください。

番号制度に係る税務署への申請書等の提出に当たってのお願い

[手数料]

不要です。

[添付書類・部数]

1部。
ただし、移転の場合には、移転前及び移転後のそれぞれの所轄税務署へ提出してください。

[申請書様式・記載要領]

[提出先]

給与支払事務所等の所在地(移転の場合には、移転前及び移転後)の所轄税務署へ提出してください。(税務署の所在地については、国税庁ホームページの「国税庁紹介」の「所在地及び管轄」をご覧下さい。)

引用:[手続名]給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出

必要な資格

では生徒に勉強を教えるため教員免許といった特別な資格が必要なのではないかと思われがちですが、個人で開業するにあたっては必要な資格・認可などは一切ありません。では講師や指導者のことは便宜上「先生」と呼んでいることがほとんどですが、経営している長や講師には教員免許はもちろんこと極端な話をすると学歴も必要ありません。

は生徒に勉強を教えたり教育指導を行ってはいますが、あくまでもは顧客である生徒及び生徒の親御さんが求めるサービスを提供する場であって正式な教育機関や学校ではありません。教員免許や指導経験がないからといって個人開業が出来ないということはないのです。しかし、いくら資格が必要ないからといって指導経験や考えなしで開業したところで生徒は集まりません。

は教育関連の業種になりますが職業内容としてはサービス業にあたるので、顧客である生徒の親御さんの需要を考えてマーケティングを行いましょう。資格や経験はあるに越したことはありませんが、それよりもこんなに通いたい・通わせたいと思えるような教育方針やサービス内容を提供することがを運営には大切です。

自宅で開業する手段のメリット・デメリット

一般的に大手のなど大人数の生徒を指導するでは一般的に大きな教室を賃貸で借りて運営をしています。同じく個人のの場合でもどこかから教室を借りているというケースもありますが、小規模な個人経営の塾であれば自宅を教室にするという手段も使えます。

このように自宅の一室を教室として使っている個人は意外と多いので、個人で開業するという方は検討してみてはいかがでしょうか?を自宅で開業した場合のメリット・デメリットをまとめたのでこちらも参考にしてみてください。

自宅で開業するメリット

自宅をの教室として開業するメリットはなんといっても開業の初期費用を大幅に抑えられるという点です。自宅を教室として使うのでテナント賃貸で部屋を借りるための敷金礼金や月々の家賃が一切不要になるからです。個人で開業した際に一番苦労するのが顧客である生徒を集めることです。生徒が集まらないことには収入がありませんのでその期間借りている教室の家賃を払うのはかなり厳しいですが、自宅であればもしも生徒が集まらなかった場合でも経済的な負担は少なく済みます。

またの生徒数や規模にもよりますが、勉強のための机や椅子、冷暖房といった設備も自宅にあるものを使うことも可能になるので設備費用の節約にもなります。こういった費用の削減の他にも教室までの通勤の手間が省けるという点や、子育てをしている方でも他所へ子供を預けたりすることなく働けるという点も自宅で開業するメリットとして挙げられます。またの運営者側だけではなく授業を受ける生徒側にも、自宅を教室にすることで大手の学習では不可能なアットホームな印象で緊張することなく指導を受けられるという点もメリットがあります。

自宅で開業するデメリット

自宅をの教室として開業するのには先ほど述べたように様々なメリットがありますが、もちろんデメリットもいくつか存在します。まず一つ目にだけに限りませんが、自宅で教室や事業を始めるとなると自宅の住所や電話番号等の個人情報を表に出さなければいけないという点です。

教室に通う生徒や親御さんにこういった個人情報を教えることは知っている人なのであまり抵抗はないかもしれませんが、生徒募集のための宣伝の広告を出す場合には不特定多数に個人情報が知られてしまうため注意が必要です。

その他にも一人暮らしではなく家族と住んでいる家を教室として使う場合は、生徒とはいえ他人がご自分の家を出入りする訳ですからストレスや負担が少なからずかかってしまうと思うので家族への負担も考慮した方が良いでしょう。また、少人数の生徒を指導する場合は自宅でも大丈夫ですが、生徒数多かったり増えたりして人数分の勉強スペースが確保できなくなる場合もあるのでその時は自宅よりもテナント賃貸を検討した方が良いかもしれません。自宅をの教室として使用をするのには様々なメリット・デメリットがあるので慎重に検討してくださいね。

個人塾開業時、経営時の必要資金

個人は個人事業の中でも開業の初期費用が低資金で済むと言われています。開業には特別な資格や免許も不要な上、顧客(生徒)に提供する商品が知識というコストのかからない商品でさらに販売業のように在庫を抱えたりすることもないので開業時にも経営時にもそれほど費用がかかりません。

けれども、いくら低資金で済むとはいえやはり開業するにあたってはそれなりにお金が必要になります。個人開業経営にはどれくらい資金が必要になるでしょう?そんな疑問にお答えします。

個人開業資金

塾開業にかかる資金一覧】
1、教室を借りる(敷金、保証金、前家賃、保険など)
2、備品を買う(机、イス、棚、カウンター、ホワイトボード、パテーションなど)
3、外装費用(看板、カッティングシート、など)
4、電化製品(コピー機、電話&FAX、パソコンなど)
5、その他(教材、文具、ポスターなど)
6、生徒、講師募集費
7、当面(半年)の生活費

引用:学習塾経営成功ガイド

個人開業するにあたって必要な資金はどのような運営のにするのかで大きく変わってきます。一番わかりやすい例でいうと先ほども述べたように教室をテナント賃貸にするか自宅にするのかで必要な資金が違ってきます。その他にも自分の他にも講師を雇うかどうかや、宣伝のための広告をどうするのかなどコストをどれくらいかけるのかはある程度自分で調整ができるのです。

自分一人で自宅を教室にした勉強机や椅子などの備品も自宅の使い、宣伝も費用のかからないSNS上でのマーケティングのみであれば開業費用として必要になってくるのは生徒のテキストなどの教材費くらいです。極端な話になりましたが、一般的な開業に必要な黒板やコピー機などの備品や設備・看板などの外装費・広告費それに加えて収入が安定するまでの当面の生活費を用意すると平均して300万円ほど必要になります。300万円はあくまでも一般的な平均金額なので目安として頭に入れておいて、何をコスト削減するのか何に重点的に費用を使いたいかで必要な資金を算出しましょう。

個人経営、運営資金

個人開業してある程度生徒数や収入が安定すればあと必要になるのは、経営を維持していくための運営資金です。運営資金といっても経営自体には特別費用のかかるものは特にないので自宅を教室として使っているのであれば、ペンやチョークなどの備品代や電気や空調などの光熱費等がかかるくらいです。しかしテナント賃貸を借りている場合では家賃、講師のアルバイトを雇っている場合であれば雇っている人数分の給料がそれにプラスして運営資金として必要になります。

個人塾開業時のあり得る失敗とは?

個人の運営もやはり商売ですので、開業すれば必ずしも上手くいくということはなく失敗するケースも多くあります。運営には生徒が集まらなかったり、クレームなどのトラブルがあったりなど様々な可能性があります。を運営するにあたっては教育者としての知識だけではなく、企業の運営者としての目線も必要です。失敗しないためにも開業によくある失敗例をまとめましたので参考にしてみてください。

よくある失敗パターン

個人開業するにあたって一番よくある失敗パターンは、顧客である生徒がなかなか集まらないというケースです。個人で開業した際は、フランチャイズでの起業とは違い実績も知名度もありません。顧客である生徒の親御さんもやはり何も情報や評判がわからない個人には子供を預けたくないはずです。

自分の子供を預けるからには信頼が大切ですし、通わせたら成績が上がるという確証も必要です。なので、開業する前にしっかりと経営方針や教育方針を決めて開業後も宣伝や体験教室など顧客獲得のための努力をすることが必要です。

また、個人は大手の学習とは違って月謝の値段設定や教室の立地、授業を行う時間帯などを自由に決めることができます。そのような点もなるべく生徒が集まりやすい条件に設定を考えましょう。個人開業は講師として勉強を指導するだけではなく、企業の経営者としての能力も必要になってきます。

まとめ

手続きや資金についてなど個人で開業するにあたっての情報をお届けいたしました。個人は特別な資格も要らず、開業の手続きも比較的簡単で低予算で開業することが出来ますが、様々な注意点も存在します。個人で開業を考えている方はぜひこの記事を参考にして開業を検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塾開業・経営に成功した塾の事例集






事例一覧・独立開業事例

  • Uターンして塾を開業

  • 元学校教師が独立開業

  • 未経験からの独立開業

  • 保険代理店からの塾開校

  • 営業職からの独立開業

  • 一般企業人事部からの独立開業

  • 様々なFCを検討した結果『すらら』で開業


・既存塾事例

  • FCを脱退して開校

  • 既存塾がICTへの切り替えに成功

  • 老舗塾が新業態開校

  • Skype英会話を活用

  • 英会話教室が塾を併設

  • 予習型×家庭学習

  • 幼児教育教室が塾を併設

  • 反転授業を実現

  • 集合塾がICT導入に成功

  • 国語に強い塾

  • 超先取り学習で学力の高い生徒を指導




無料でダウンロード

SNSでもご購読できます。