2chで話題?今注目の塾経営について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塾経営は、学校とは違って教員免許などの資格の必要性もなく開業出来るビジネスです。

塾経営ってどんなビジネス?

塾経営は、学校とは違って教員免許などの資格の必要性もなく開業出来るビジネスです。塾経営となると、やはり教育系の学部を出ないといけないのでは?と思うでしょうが塾の経営には全く関係ありません。

他の資格もこれといって必要ありません。しかも、塾経営を行っている方々のほとんどは未経験から始めています。ここ数年は、小学校からお受験する家庭も増えており学習塾の需要は増えています。伸びしろのあるこの塾業界でビジネスを始めたいと思っている方も多くいらっしゃいます。そこでこの塾経営について、開業する上で必要なこと、塾経営に向いている人についてご説明します。

塾の種類について

塾と言っても、いくつかの種類に分かれます。現在、塾開業を考えている方はまずどのようなスタイルで開校するのか迷っていると思います。塾の種類は、その時代に合わせたものでなければなりませんし、地域や学校の生徒数によって異なってきますので慎重に選ばなければなりません。

 一斉授業の塾

最も一般的なのは、この講師1人に対し生徒が10人から20人で受ける一斉授業だと思います。講師1人で多くの生徒に教えることが出来るため、効率よく時間を使うことが出来ますその分月謝を抑えることも可能です。1つの教室で20人ぐらいが一緒に授業を受けるのですが、やはりその中でも学力の差が生まれます。

学力の差が生まれる状態を続けると、学力のある生徒からすれば、より質の高い授業を受けたいと思いますし、学力のない生徒からするとレベルが高いために授業を理解出来ないということが起きてしまいます。それを解消するために、一斉授業を行う塾のほとんどでは学力でクラス分けがされています。

クラス分けをすることでそれぞれのレベルに合わせた授業を行うことが出来ますし、より1人1人に向き合うことが出来ます。また、20人ほどのスペースが入る教室を確保する必要があるため、広い物件を探さなければならないでしょう。クラス分けとなると最低でも3つぐらいは必要になるかもしれません。

 少人数制の塾

こちらは一斉授業より少ない人数で授業をしています。講師1人に生徒5人ほどで授業をします。大体は同じような学力の生徒で構成されており、一斉授業に比べて生徒と講師の距離が近いのが特徴的です。ですので分からないところがあればすぐに質問出来るような環境になっています。

 個別指導塾

講師1人に対し、生徒1人または2人がつく個別指導は、現在とても人気です。子供を塾に通わせる保護者から「自分の子供をもっと個別に丁寧に見てほしい」という要望があるために、このようなスタイルの塾は爆発的に増えています。

講師がつきっきりで指導をするのですが生徒2人の場合、1人に問題を解いてもらっている間にもう1人に授業や問題の解説をするなど時間を有効的に使うことが出来ます。

隣に講師がいるので、いつでも質問をすることが出来ます。また、多くの塾では担任制になっているため毎回同じ講師なため、苦手分野や躓きなどの把握をしてもらえます。

講師は大学生のアルバイトがほとんどで、講師が一人の生徒に時間をかけることが出来る分、月謝は高く設定されます。一斉授業に比べて部屋の広さは関係なく開業できるため狭いスペースでも授業は可能です。

 自立型個別指導塾

自立型個別指導塾では、生徒たちが自発的に学習を行うスタイルです。授業をして無理やり学習させるのではなく、自発的に勉強をしてもらうことを目的としています。

今でいうと、有名講師の授業を予め録画したものをパソコン等を使ってDVDやストリーミング再生をして勉強していくのが最も多いと思います。教室内にパソコンさえ置けるスペースがあれば出来るため狭いところでも開業が出来ます。

塾を開業するには?

塾の種類について説明してきましたが、では塾を開業するには一体どんなものが必要になるのでしょうか。

塾開業にも種類があり、個人開業フランチャイズ開業があります。それぞれの概要やメリットデメリットについて説明します。

個人で塾を開業

個人開業は文字通り、個人で塾を開業します。スペースさえあれば開業したいと思った時から開業が出来ます。

 個人で塾を開業するメリット

メリットとしてはすべての判断が経営者に任されているので自由度が高いことです。家の空いた部屋で教えることも出来るので賃料の節約にもなりますし、開業資金を抑えることが可能です。

授業のスタイルも自由に変えることが出来ますし、誰かと契約、雇用されているわけでもないので、すべて経営者次第になります。

 個人で塾を開業するデメリット

デメリットとしては、バックがいないことです。何にもないところから始めるため、開業準備だけでもかなり大変だと思います。物件の準備、資金調達、宣伝、すべて1人で出来ますでしょうか。

無事塾を開業出来たとしても、今度は生徒集めに苦労すると思います。というのも、新規の塾なのでこれといって実績もありませんし、ブランド力もないためその地域での信頼を得られていない状態なのです。

ですから、最初は集客に力を入れていかなければならないでしょう。また、資金面では圧倒的に不利です。塾開業では最低でも700万円が必要になりますが、経営が軌道に乗るまでの生活費も自分で工面しなければならないので実際はもっと必要になります。

ほとんどの人は、金融機関で融資を受けますが、いずれその返済をする必要があります。用意した開業資金では足りなくなり、追加で融資をしてもらいたいと考えることもあるでしょうが、後々の返済を考えるとそうはいかないと思います。

塾長は孤立しがちです。特に個人開業ですと繋がりがないために塾長ならではの悩みを聞いてくれる人もいません。孤立していても平気という方もいますが、経営自体初めてでいざ開業してみると思っていた以上に大変なことが多く誰かの助けを求めたいと思うはずです。そういう時にすぐに助けてもらえる人が近くにいないため、結局は自分で処理をしなければならなくなります。

フランチャイズ開業

フランチャイズ開業では、事業者と契約または加盟をすることで塾の開業が出来ます。個人での塾開業とは違って、数々のサポートを受けることが出来ます。

 フランチャイズで塾を開業するメリット

フランチャイズ開業では、サポート体制が整っています。個人開業に比べて後ろ盾があるために頼れる存在が常にいるというのは大きな違いです。塾を開業する前からサポートは始まっており、物件の準備や資金調達などで助けてくれます。

開業したあとの集客についても、これまでの実績があるためそのノウハウを活かし、市場調査を行った上で集客をするため効率よく人を集めることが出来ます。

また、塾のブランド力があるため新規の塾であったとしても開業当初から信頼を得られるのです。開業後に困ったことがあってもすぐに本部に連絡することで解決してくれますし、定期的に担当者が訪問し指導をして頂けるので常に誰かの目があります。

塾長同士の交流の場も設けられているので塾長にしか分からない悩みなどを打ち明けることも出来ます。

 フランチャイズ開業のデメリット

デメリットとしては、加盟金とロイヤリティを徴収されてしまうことです。開業資金の一部としての加盟金を支払うのですが決して安くはない額です。その加盟金は契約料、本部によるサポートのためには必要なのですが痛い出費です。そして、開業後には毎月ロイヤリティが徴収される場合が多いです。

ほとんどは、売上の一部を%で掛け合わせ、ロイヤリティが徴収されるのですが売上の多い少ないに関わらず取られます。加盟金とロイヤリティがあるために、経営者は回収をしようと月謝を高く設定して利益を上げようと頑張るのですがそれが集客力低下に繋がる場合もあり、肝心の生徒が集まらないなんてことにもなるのです。

開業資金はどれくらい?

気になる開業資金ですが総額でいくらぐらいになるのでしょうか。

塾開業にかかるお金としては、賃料、備品費、外装内装工事費、電化製品、教材費、宣伝費、生活費があります。

賃料は授業を行う部屋の費用ですが、自宅で開業する場合には抑えることも出来るでしょう。しかし、多くの場合は物件や部屋を借りることになるため敷金礼金、保険などがかかります。

備品は、椅子や机、カウンターなどを一式揃えます。塾の種類によって机の数も形も変わってくると思います。外装内装では看板の作成や教室内の美化などがあります。

電化製品はコピー機、パソコン、電話が最低限必要になります。生徒や講師を集めるためには宣伝費も要ります。開業前開業後に他の仕事をしてお金を稼ぐことは無理だと思いますし、最初は生徒もいないため収入を見込めません。

そのための生活費も確保しておきます。これらを大体で計算してみると600万円から700万円ほどにはなるでしょう。最低でこの金額ですので、実際はもっと資金は必要になるかもしれません。

塾経営ってどれくらい儲かるの?

では塾経営はどのぐらい儲かるのでしょうか。

売上が高いことを謳っている塾もありますが、気をつけなければいけないのが売上=収入ということでもありません。

月々の売上を見ていくと、授業料、入塾金、教材費、講習費があります。反対にお金が出て行ってしまう経費は、人件費、賃料、宣伝費、通信費、光熱費、消耗品、教材費、ロイヤリティがあります。

収入は、売上から経費を引いた額になります。開業年数もありますし「塾は○○万円儲かる!」とは簡単には言えませんので1年目と3年目ではその売上も変わってくるので順番に説明します。

まず開業1年目では、年収は200万円から500万円ほどです。塾経営を安定させることに躍起になる1年になると思いますので生徒を獲得して成績を上げていくことに集中していきます。

開業3年目では、生徒数も増え店舗数を増やすことも出来るかもしれません。年収としては400万円から700万円ほどが相場でしょうか。このぐらいの年収ですと軌道に乗ったといってもおかしくはありません。

開業5年目にもなりますと、経営の経験もあるためノウハウも習得出来ている状態です。店舗数はさらに伸び、生徒も多くなっているはずです。年収は400万円から1000万円ほどです。

ここまで来ると年収や利益が上がるだけでなくその地域での知名度も上がっているはずです。開業当初は生徒を獲得するのに必死だったと思いますが、このタイミングでは地域からの信頼を獲得出来ている状況です。

トータルで見ると下は200万円、上は1000万円ほどでしょうか。念のためですが200万円だからといって仕事が大変、1000万円だからといって仕事が楽になるということでもありません。

塾は生徒たちの成績を上げていく、常に生徒を増やしていく必要があり、開業年数に関わらず難しい業務に追われるでしょう。

難しい業務と言われてしまうと塾経営に萎縮してしまうと思います。ですが、塾経営はとても頭の良い人しか出来ないというわけでもありません。

しようと思えば誰にでも出来ることなのです。では、塾経営は一体どんな人に向いているのでしょうか。

塾経営はこんな人におすすめ!

塾経営について説明してきましたが、塾経営は経営能力に優れている人が成功します。

必ずしも学校の成績や偏差値が関係するわけでもないので誰にでもチャンスがあります。経営能力、と言われても何のことだかよくわからない人が多いかと思います。経営能力は最初から備わっているものではなく習得していくものです。

経営能力というよりノウハウをわかっているかが成功への鍵となるでしょう。この経営ノウハウはネットや本などで紹介されていますが、習得するにはやはり実際に経験していくことが重要だと思います。

経営能力というと、資金をまわす能力があるだとか、効率よくお金を稼いでいるようなイメージがありますが塾経営ですと集客力が経営能力に繋がります。塾は生徒がいなければ成立しないため、出来るだけ多くの生徒を集めなければなりません。

フランチャイズ開業でもない、新規の塾ですととても集客には苦労すると思います。そこで他の塾と差別化を図ったり、指導方法を時代や要望に合わせたものにするなどの工夫をする必要があります。

少子化だから、不況だから人が集まらないというのはどこの塾でも言えることです。学習塾の需要はたくさんありますが、塾自体は飽和状態になりつつあるため如何に他の塾と違うのかを宣伝していかなければならないでしょう。こういったことが出来る方が塾経営に成功するのです。

ここまでフランチャイズでのメリット・デメリットや塾経営に必要なこと、年収や必要なコストを述べてまいりましたが、ここで述べた塾経営上の課題を一挙に解決する手段が存在します。

それは「すららネット」です。すららネットでは、開業時のコストが大幅に抑えられその上日々ノウハウ提供の説明会も開催しています。さらにはフランチャイズのようにロイヤリティが毎月発生することもありません。

ここで述べた課題すべて解決できるのではないでしょうか。さらには開業コストや日々の運営コストが抑えられる分オーナー年収もフランチャイズに比べ多く見込むことが可能です。

当サイトではそんなすららネットの塾開業事例集を無料でお配りしております。是非ダウンロードしてみてください。

塾開業・経営に成功した塾の事例集






事例一覧・独立開業事例

  • Uターンして塾を開業

  • 元学校教師が独立開業

  • 未経験からの独立開業

  • 保険代理店からの塾開校

  • 営業職からの独立開業

  • 一般企業人事部からの独立開業

  • 様々なFCを検討した結果『すらら』で開業


・既存塾事例

  • FCを脱退して開校

  • 既存塾がICTへの切り替えに成功

  • 老舗塾が新業態開校

  • Skype英会話を活用

  • 英会話教室が塾を併設

  • 予習型×家庭学習

  • 幼児教育教室が塾を併設

  • 反転授業を実現

  • 集合塾がICT導入に成功

  • 国語に強い塾

  • 超先取り学習で学力の高い生徒を指導




無料でダウンロード

SNSでもご購読できます。