目から鱗!?資格がなくても脱サラできる職種を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ある程度の年齢になると、終身雇用の枠から敢えて脱サラして独立や企業を考える方も多いでしょう。 

個人事業主に求められる柔軟性

ある程度の年齢になると、終身雇用の枠から敢えて脱サラして独立や企業を考える方も多いでしょう。

給与の面や自分の人生について考えたとき、それは選択肢の一つとしてチャレンジする人も多いです。しかしながら、勇気を出して脱サラを意気込んだものの、資格や経験の面から不安を感じてなかなか決めきれないという方もいます。

脱サラ後は、会社から給料をもらう生活から一変し、全てを自分で切り盛りする経営者になっていきます。そういった中、「資格がなければならない」という考えは自然と出てきます。

しかしこれは固定概念であり、柔軟性のなさは脱サラし経営者になる上ではマイナスとも言えます。経営者としてどれだけ柔らかい頭を持てるのかが重要となってくるのです。今回はそういった不安点を解消する、無資格でもチャレンジできる脱サラを紹介します。

必要なのはリサーチと覚悟

何よりも重要なのはリサーチ力です。今の世の中、どういった社会の流れになっているのか、経済はどのように変化しているのか、注目されている事業や、新しい産業はどんなものなのか、日々考えながら新聞を読んでいるでしょうか。

よくよく考えていくと、資格が不要で脱サラ出来る分野も多々あります。さらに起業や独立に重要なのは覚悟です。

実際に事業を始め、自らが経営者として行動していくと、様々なトラブルや問題はほぼ必ず起こります。この時にパニックにならないで、落ち着いて行動することが出来るか、経営者として判断していくことが出来るかそうかは、最初の覚悟にも繋がります。リスクは避けられませんが、チャレンジする以上腹をくくりましょう。

資格不要な仕事を紹介

無資格でもチャレンジできる事業を紹介していきます。

芸術、芸能、スポーツ系

フリーランスで活躍している人は様々なジャンルの人がいます。

漫画家や作家といった文化や文学に関するものや、ミュージシャンといった音楽家、マジシャンやパフォーマーといったパフォーマンスをサービスと提供する人など、その種類は実に多様です。こういった文化や芸術、或いは芸能に関する事業は個人の能力が問われる生き方です。

経営者としての側面よりも、フリーランスのエンターテイナーという部分が強いでしょう。こういった形で世界で活躍する場合、成功できる人はほんの一握りです。

実際になったとしても、活躍し食べていけるようになっている人は数%に過ぎません。リスクが非常に高く、実力主義のシビアな世界での戦いとなります。しかしながら、こういった仕事には参入資格が明確にありません。独学でスキルを磨き、デビューに至ったという方もいます。

無資格でチャレンジできるという意味ではこれも一つの事業のジャンルとして分類することが出来ます。しかしながら、作家や小説家といった場合を除き、芸能の分野では基本的に芸能事務所に所属して活動していくこととなります。脱サラして始めるのは難易度が高い分野ですが、無資格で始められるというのは魅力です。

相談業

無資格でチャレンジできる事業として多いのが相談業です。

相談業とは主に、企業経営や金銭管理、保険、恋愛相談など、様々な悩みを解決・相談することで顧客の相談を受け、アドバイスをする事業のことを言います。

ホスピタリティや相手を思いやる気持ちもこういった事業には重要となってきます。どんな事業なのかわかりやすく言うと、占いやカウンセリング、コンサルタントといった部類の仕事です。

悩み相談の事業は無資格での開業が可能ということで、それまでの会社経験や人生経験を活かして、相談業で開業をしようとする方が多いです。

しかしながらこういった相談業は仕事のノウハウが分かり辛いというデメリットもあります。また顧客への相談料を頂戴し、経営していくことになるので、企業コンサルの場合だと、人脈や顔の広さがなければなかなか成立しません。

そのため、無資格でチャレンジできるものの、成功できる確率が低いと言わざるを得ないのが現状です。占い師を例に出し、紹介しているケースも多いですが、こういったものを大きく稼げているのはメディアに出ている一握りだけです。

クリエイター

独立の事例として、増加しているのがクリエイターというジャンルです。クリエイターとは、デザイナーやカメラマン、ライターといった裏方で物事を創作し、提供する人のことを言います。

フリーランスの代表的な職業で、特に資格がなくても出来る仕事です。しかしながらこういったデザインやカメラマンはセンスが問われる仕事です。

今の流行に合った形のサービスの提供だけでなく、そこに自分らしさや個性を投影することも重要となってきます。世間一般でもセンスや才能が重要となる職業と認識されており、資格は不要でもデザインや文章、カメラは事前の勉強もポイントとなってきます。

また努力だけでなく、求められるのは生まれ持ったセンスです。それがもし花開かなければ、食べていくことは現実的に難しいでしょう。趣味でカメラやデザインをやっていた方がつい気になるジャンルではありますが、甘くない世界です。もしやる場合は業界のリサーチなどが必須となります。

フランチャイズ系

独立や起業で脱サラを考えるのであれば、フランチャイズ系が現実的です。フランチャイズといえば、大手のフランチャイズ展開を行っている企業と契約を結び、一種の雇われオーナーとして事業を展開していくものです。飲食店、ホテル業やコンビニが多く、その企業のブランド名やノウハウ、集客力を活用し、経営を行っていきます。

それまで会社勤めを行っていた方でしたら、社会人経験を活かして働くことが出来ます。

また、新業種で未経験の場合でも、本部からのアドバイスやサポート、研修が充実しているケースが多く、完全個人で独立するよりもリスクが少なく済むというメリットがあるのです。

経営も安定しやすく、ノウハウを理解しているSVなどのサポートで安心して進めていけるというのがフランチャイズの魅力です。

フランチャイズの欠点

魅力の多いフランチャイズオーナーですが、メリットばかりではありません。デメリットもいくつかあります。まずは初期投資に莫大な費用がかかるという点です。本部がそういった初期コストを賄わずに他店舗展開を早期に実現したい移行があるためフランチャイズの形式で展開されるブランドは総じて初期コストが多く発生する業態が多くなります。

そのためフランチャイズ事業を展開している会社はカフェや弁当店、コンビニといった飲食に携わる業務が多いです。飲食業はフランチャイズチェーン店が多く、長く続いているものほど安定しています。しかし、飲食業は場所代や機器費用、建築費や廃棄費用が必然的にかかってきます。

また大手の飲食系列の企業とフランチャイズ契約を結ぶ場合、最初に契約金として数百万円支払わなければいけない場合も多いです。

契約金は保証金とは異なり、契約時に本部にブランド名を借りる費用やノウハウを得る費用、また覚悟を決めた意向を示す費用として渡すもので、返還されることはありません。フランチャイズ契約を終了、解除しても返金されないようになっています。

こういった金銭的な問題から、初期投資に数百万円から数千万円かかるケースが多いです。それまでの貯金や銀行の融資で開業を出来ないことはないでしょうが、実際に事業を展開するとなると、借入金の返済などに追われることにもなりかねません。また、フランチャイズならではのロイヤリティという制度も、後々フランチャイズオーナーにとって負担となってきます。

すららは加盟料必要なし

そんな中、塾経営は穴場の独立手段として注目されています。すららでしたら、ロイヤリティも加盟料も不要なので初期投資を抑えることが可能です。フランチャイズの長所を、安価で提供する現代型のビジネスです。無資格で始めることを考えると、最も理想的なモデルと言えます。

まとめ

いかがでしょうか。無資格でのチャレンジには塾経営がおすすめです。フランチャイズの塾開業の事例について興味がある方は、ホワイトペーパーをダウンロードしましょう。

塾開業・経営に成功した塾の事例集






事例一覧・独立開業事例

  • Uターンして塾を開業

  • 元学校教師が独立開業

  • 未経験からの独立開業

  • 保険代理店からの塾開校

  • 営業職からの独立開業

  • 一般企業人事部からの独立開業

  • 様々なFCを検討した結果『すらら』で開業


・既存塾事例

  • FCを脱退して開校

  • 既存塾がICTへの切り替えに成功

  • 老舗塾が新業態開校

  • Skype英会話を活用

  • 英会話教室が塾を併設

  • 予習型×家庭学習

  • 幼児教育教室が塾を併設

  • 反転授業を実現

  • 集合塾がICT導入に成功

  • 国語に強い塾

  • 超先取り学習で学力の高い生徒を指導




無料でダウンロード

SNSでもご購読できます。