知っておくべき!脱サラして失敗した人はその後どうなってる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

独立を考え、勤めを辞めて脱サラした直後は、誰しも気分が高揚しているものです。しかしながら人生は非常に長く、その場しのぎや浅はかな考えでは物事はなかなか思うように進みません。何事も長期的なスパンで見ていく必要があります。

また、今から独立をしようと考えている人には酷な話ですが、シビアなことを言うと脱サラをして成功できなかった人は多いのが現実です。脱サラ後に独立に失敗してしまった人達は、その後どのようになっているのかご存知でしょうか。事例やその後を紹介します。自らが同じ轍を踏まないように注意しましょう。

失敗した人はどうなるの?

現実的に、成功している人よりも、失敗している人の方が多いという結果があります。

起業や独立の方法、ビジネス手法は様々ですが、脱サラ後という一括で見ていった場合、けして甘い世界ではないと肝に銘じておきましょう。脱サラして失敗した人が、その後そうなったのかを紹介します。

○再就職

再就職とは、事業主が自分には不向きだとわかってから、サラリーマン生活に戻るというパターンです。

経営者としてではなく、被雇用者として新たに社会で貢献していくという選択肢ですが、実は再就職は難しいとも言われています。この再就職で重要なのが「年齢」と「スキル」の2種類です。

まず年齢についてですが、基本的に若ければ問題はありません。しかし年齢を重ねているとすれば、勤め人に戻るのは難しいと言われています。

転職の場合だと、それまでの経験やノウハウ、スキルを面接でアピールし、再就職となるケースが多いですが、事業に失敗した事例があり、さらに年齢も重ねているとなると、人事担当者としては扱いづらく、採用されにくくなってしまいます。

年齢に関係なく、スキルや人柄重視の企業では採用となる場合もありますので、面接でいかに自己PRをするかが鍵となります。ただ「スキルを持っています」と主張しても耳を傾けてもらうことは出来ません。実績や具体的な事例を出して話すようにしましょう。

ただしその場合でも、独立前に働いていた起業で得ていたような所得を再度得ることは難しいです。再就職の場合、中途で募集している人材は「即戦力」となってくれる人を指していることが多いです。この不平等さや難しさが、再就職を目指している人には辛く感じるポイントとなっています。

○脱サラに失敗したその後、再就職するときの心構え

脱サラに失敗して再就職をしなければいけない状況になったとき、必ずしなければならない心構えがあります。それは起業して得たプライドを捨てることです

少し前まで社長としてトップに立っていたあなたは、これから一般社員として生きていかなければなりません

今までの成功体験やプライドは雇われの身になるときには邪魔になる事が多いです。過去に起業していて自分のやり方に絶対的な自信を持っている場合、同じ業種に再就職をしたとしてもその会社のやり方に対して不満がでて、上司と対立したりする事などもあります

会社は企業の色に染まってくれる人間を欲しています。脱サラしてトップに立っていた頃に従業員を雇おうとしたとき、もしくは雇った時にあなたはどのように動いて欲しいと感じましたか?その気持ちがあなたにも向けられているのです。

そしてこういったプライドなどが職場の雰囲気を悪くすることもありますプライドは捨てても自信は捨ててはいけません

自らの力で利益を出していた事は素晴らしい事で、会社を経営していた実績やノウハウ、そして知識が備わっているのです。その自分の持っている強みを傲慢さではなく、職場に対しての貢献できるという気持ちで再就職に望むと、面接官には好印象に映ってくれます。

○借金生活

事業に失敗してしまうと、借金生活に突入するケースがあります。

自己破産を申請する人も多く、負債額の支払いが出来ないといった事例もあります。料理人を志した方の事例では、2つのポイントがありました。

それは「ノウハウ不足」と、「安易な金銭管理」です。脱サラして料理店に就職後、独立を目指して開業資金を貯金していたAさんは、その後結婚・自宅を購入し、銀行から融資を受けて料理店を始めます。

駅前ではなく、住宅街に開いた店舗では、開店してすぐ集客が出来たものの、翌月や翌々月には客足が途絶えるようになります。そのため広告費を重ね、宣伝費用を重ねることで集客拡大を計画しますが、思うように客足は伸びませんでした。

そこで新たに金融機関から資金を借り入れ、広告費にどんどん使用していきます。儲けと広告費が釣り合わず、負債が増えてしまったというケースです。

この方は後に民事再生手続きを行い、なんとか弁護士をつけることで解決しますが、その後も月18万円の返済を行っています。再就職にも成功し、生活は出来ていますが、広告代で借り入れた額は相当なものでした。

このような自体に陥ってしまったのには、ノウハウの無さであると考えられます。料理のスキルは良かったものの、立地や経費の使い方など集客拡大に役立っていなかったケースも考えられます。経営者ならば柔軟に考えながら、集客のための事業についても学んでいく必要があったのです。

○実家を売却

脱サラして友人の仕事のパートナーとなり、退職を決意したBさんは、株式投資にはまり込んでしまい、借金を重ねていってしまいます。FXの失敗は実に多い事例です。

東京で営業職として長年働いていた50歳のBさんは、脱サラして生きがいや、やりがいのために働きたいと考えます。関西の友人と共に、退職金を片手に事業を始めますが、肝心の商品開発が完了しておらず、Bさんはアパートで待機することが増えていました。こうした空き時間に手を出したのが株式取引です。

当初は一般的なデイトレードのみでしたが、なかなか儲けが出ず、回収するためにFXにまで手を出してしまいます。ノウハウが無く、株式取引の基本しか理解していなかったBさんは、損失ばかりを生み出し、資金は底をつきます。

東京にいる家族への送金のためにキャッシングを利用し、金銭面は圧迫されていきます。また事業の方もうまく進まず、協力起業は撤退してしまうといった不幸も続きます。

そうなってくると保険料の減額や生命保険の解約を行いますが、借金のことは家族には秘密にしていたため、誰にも相談できずにキャッシングを重ねていくことから、様々なトラブルに波及していくこととなります。

最終的には実家を売却し、借金を完済しました。FXは特にギャンブル性が高く、ハイリスクハイリターンです。知識不足でつい始めると痛い目にあうので注意が必要です。

○債務整理のお世話になる

独立で起業に失敗し、借金が残るとお世話になるのが債務整理です。債務整理とは借金を返せなくなったときに借金をゼロにする、もしくは減額する法的な手続きです。

費用がかかりますが、債務整理手続きは弁護士や司法書士に代行してもらえます。通常免責許可が下りるまで管財事件は半年から1年、同時廃止では3か月から半年かかりますが、東京地方裁判所で申立代理人が弁護士の場合は即日面接が行われています。

債務整理には任意整理、個人民事再生、自己破産、特定調停の4種類があります。

任意整理は債務者もしくは弁護士や司法書士が、貸金業者と減額交渉を行います。特定調停は裁判所に仲裁してもらい、貸金業者から借金を減額してもらうという手続きです。月に1回は裁判所に出向かなければならないデメリットがあります。

個人再生は3年間で完済できるよう、裁判所に借金額を5分の1ほどに免除してもらう手続きです。自己破産と異なり、財産の維持が可能です

○起業に失敗して、破産をするとどうなるか

起業の失敗の末路をイメージすると、一般的には会社の倒産と自己破産に結びつきます

会社の設立時は信用度が低いからと社長の個人名で借り入れする、もしくは会社名義で社長自身が連帯保証人になれば、倒産後も借金が消えることはありません。自己破産後も起業へ挑戦し続けることは可能ですが、資金が集まりづらくなることは肝に命じましょう。破産による制限でまず挙げられるのが、ブラックリスト入りと呼ばれる個人信用情報機関への事故登録です。

信用情報機関は3つあり、掲載期間が異なります。

クレジットカード会社と信販会社が加盟しているCIC、また信販会社と消費者金融が加盟しているJICCの掲載期間は5年です。銀行や信用金庫、協同組合が加盟しているKSCの掲載期間は10年です。

個人信用情報機関以外に、賃金業者によっては自社内で利用者のブラックリストを作成しています

信用情報から事故登録が消されるまで、自己破産をした人に関する情報を官報掲載から確認する場合があります。ブラックリストに掲載されると、新規の借り入れやクレジットカードの発行の審査が通りづらくなります。携帯電話もまた返金残高の債務が自己破産で免除されるため、本体の料金が支払い終わっていなければ利用が難しくなります

債務整理では処分費用の高い家具などを除き、住宅や自動車、払い戻しができる保険や現金などが差し押さえられます

○リベンジに成功する人も

様々なトラブルの事例がありますが、脱サラ後に事業に失敗したものの、リベンジに成功しているケースもあります。有名所だと、マネーの虎などで活躍していた安田久さんや、ライブドア株の証券取引法に違反し逮捕された堀江貴文さんらは、どん底から這い上がってきた人たちです。彼らは事業に一度は失敗しますが、現在リベンジに成功しています。

しかしながらこうしたリスタートにはリスクもつきものです。

脱サラ後に借金を背負っても再チャレンジして、プラスへと持っていくたくましい精神は素晴らしいですが、実際に生活していくとなると、何で収入を得ていくかを考え、行動に移さなければいけません。

自身や家族を養えるだけの収入があれば良いという方もいますし、自分が有名になり認められたいと思う人もいるでしょう。しかし、最初は自分にとっての成功が何なのかを考えてみる必要があります。

失敗には必ず理由がある

事業を失敗するのには必ず何か理由があります。

失敗する人の特徴として言われているのが、「過去の自分の分析ができない」「素直さや謙虚さがない」「理念やビジョンを持っていない」「すぐ諦めてしまう」といった特徴を持つ人です。

また、物事に対して、どんな状況に対しても楽しまずに仕事が出来ないというのも問題です。こうした特徴に当てはまるという方は注意しましょう。もし起業を考えているなら、記述した特徴と反対のことを意識的に行うと良いです。

○現実を見つめた上での決断

株やFX、ノウハウ不足などの問題があるにも関わらず、己を過信して失敗する人は、自分自身を客観視できていません。

また計画性も足りず、経営者として長期的な目で見ることも出来ていない可能性が高いです。脱サラ自体リスクが大きい上に、現実を見つめられていなければ、何をしても成功することは難しいでしょう。地に足をつけて経営について考える必要があります。

副業段階を経て脱サラをするべき理由

脱サラを考え、実行に移す前に必要な事が「副業」です。

脱サラ後に成功を収めるためには潤沢な資金が必要不可欠であり、本業の収入は投資に回すことになります。その間の生活費はどうするのか、万が一の事態に対応するためにはどうするのか、といった問題に対して副業は必要な過程であると言えます。

「ただでさえ本業で忙しいのに副業なんてやってられるか」と考える方もいらっしゃると思いますが、脱サラ後に再起を図ろうとすると、より大変ということはご存知でしょうか?

今の仕事が嫌だから脱サラする。新しい事を始めたいから脱サラする。目的は様々でしょうが、何事も始めようとすると大変であるということは共通しています。

それこそ自分の手で1から創業・開業しようと考えようものなら、本業と副業の並行なんて大変の内に入りません。今後の「忙しさ」に慣れるためにも、脱サラは副業段階を経てから行いましょう

起業の経験が転職に有利に働く事も


起業に失敗しても、転職活動を行う際には経験を評価されることがままあります。経営者同士の共感を呼ぶことがあれば、起業経験で身につく知識や実力、実行力が積極的に受け入れられることもあります

サービスを企画するときの構想力や戦略立案力があるリスクを素早く取り除いて素早く仕事を進められる力がある試行錯誤から知識を得られることなどに長けていると捉えられ、価値があると判断されます

目標の達成に向けて適切な過程を経ているか計測する重要業績評価指標、KPIの設定と確認ができる人材は重宝される傾向にあります。元起業家が求められるケースは他にもあり、イントレプレナーと呼ばれる企業内起業家は大企業の新規事業における人材教育、採用のテーマになっています。会社にとって、既存事業とはまた別に新規事業を次々にスタートさせる人材は貴重です

起業後の選択肢としてTwitterやFaca Bookをはじめとするアメリカなどの大手情報サービス会社に就職するケースも珍しくなく、海外向けのビジネスを展開できる可能性を秘めています

その他、属していた業界によっては失敗をバネに投資ファンドを行う方もいらっしゃるようです。

再就職時に脱サラ時代の人脈が役に立つことも

脱サラ後の再就職が厳しい、というのは年齢という武器が無い中高年にとって深刻な問題です。

それこそ20代であれば脱サラも経験の1つだと前向きに受け取ってもらえる可能性がありますが、若いと言えない中高年の脱サラは、何かしら裏があるのでは?と勘ぐられてしまう事があります。

そこで、中高年ならではの武器になるのが「経験と人脈」です。年齢に関してはどうにもなりません、ですが仕事を経て培った人脈や交渉の経験、あるいは交渉ルートや取引先との面識は若者には得難いものです。

中高年で脱サラした方が再就職をする際は、この人脈や交渉経験のある企業などを記入しておいたり、PRしてみると役に立つでしょう。実際、再就職を経ても人脈や経験は仕事の役に立ちます。

例えそれがこれまで関わった業界とは全く異なる業界であってもです。

仕事で関わりを持ち、交友関係を持った相手であれば、脱サラ後も友人としての関係を維持することはできます。そしてその友人から情報を聞き入れることができれば、その情報を仕事で活かしたり就職に活用することだってできます。

ちなみに中高年の再就職において、学歴はあまり評価の影響にはなりません

若い内であれば学歴が脱サラの要因になり得ているかどうか、といった側面からでも重要視されたりしますが、一定以上の人生経験・社会経験を培った中高年であれば、学歴は本当に意味の無いものとなります

学校で何を習ったかという事よりも仕事で何をしてきたか、という方が会社にとっては気になることだからです。

再就職先を見つけてリスタートできる人間の特徴

一度起業に失敗しても、再就職先を見つけることのできる人には幾つかの特徴があります。

1つはこれまでの過去の成功体験を捨てる事ができて協調性を持っている人、2つめは専門知識やスキルを持っているなどの特徴を持っている人、3つ目は経営者としての培ったノウハウを会社に貢献できるような人です。これらの条件に当てはまっていれば、再就職する事は難しくありません。

1つ目に書いた過去の成功体験を捨てる事ができる人を詳しく説明します。

経営者としてこれまでやってきた人間が、一般の社員に戻る事はある人にとってみれば耐え難い屈辱です。この覚悟を持っていなければ再就職の壁は高くなっていきます

同時に協調性も会社内部では大切な事です。独立した人は基本的に、会社に馴染めなかった人が多いです。

そういった人がまた会社に戻った時に、会社内の考えや人間と協調性を持って、他の会社員の人と手を取り合えるかは大切な部分でもあります。また、専門知識やスキルなどを持っている人達は絶対数が少ないので、再就職は非常に有利になります。

企業側も1からその知識やスキルを教えて使えるようにするのは時間もかかりますし、そういった人材を欲している所は多いです

脱サラの成功確立は?

 


「新たなスタート」とされる脱サラにおいて、実際の所どれほどの成功確率があるのか?という話ですが、脱サラした人がそのまま成功する確率は低いと言われており、また脱サラ後に起業した場合の成功確率は、6%ほどだというデータがあります。

なぜ成功しないのでしょうか?それは年齢とスキルに原因があると言われています。そして、脱サラ後再就職する際にはやはり経歴と脱サラ理由について尋ねられます、経歴に事業立ち上げ失敗といったものがあると、理解のない会社だと傷として扱われます

まだ若ければ経験不足なだけと受け取ってもらえるます。また年を取っていても採用に値するスキルを持っていさえすれば採用されるのですが、不利になりがちです。

若いがスキル不足、スキルはあるが年齢が足を引っ張る、歳を取っていてもスキルが足りない、過去の失敗が足を引きずる。これらの要素が再就職への大きな壁として存在するのは確かです。

しかし、最近になって風向きも変わりつつあり起業あるいは独立に失敗した経験を活かして欲しいと、好意的に受け取られることも増えました

欧米のチャレンジすることを評価するビジネス風土が、日本に移植されてきた影響です。

脱サラの成功例

脱サラの成功確率はとても低いのですが、それでも成功した人は存在しています。ではどうすれば成功にたどり着くのでしょうか?いくつかある成功例を見てみましょう。

○「成功しやすい職種を選んだ」

まずはこの一例。脱サラ後成功するための方法のとして、成功しやすい職種を選ぶ、というものがあります。

現実を見据えた手段を取っているので、成功するのも納得できますね。この成功しやすい職種というのは、飲食店などの「市場の規模が大きく、既存の企業が対応できていないニーズが多い」職種です。

つまり、企業が成立する上で必要なニーズを見つけることが簡単な職種と言えます。ゆえにこの成功例では上手くニーズを掴む事ができたということになります。

○「ITで新企業を興した」

こちらも飲食店と同じ、市場規模の大きい職種に参入することで成功した一例です。今やIT化の波はとどまることを知らず、インターネットに変わる新時代のテクノロジー誕生するまで、IT業界は社会をかき回し続ける絶対的な業界と言えるでしょう。

ただし、こちらはあくまで脱サラ前に、独立できるだけの知識と経験を得た上で成功を収めています。単純にIT企業で独立なら成功するというわけではありません。

他にも例は存在しますが、共通して準備を万全に行っているというものがあります。つまり単純に成功例を真似するよりも、万全の準備を行うことが大切なことがわかります。

地獄を見た元経営者の話


零細企業コンサルタントの栢野克己氏は、1982年に立命館大学経営学部を卒業しました。

就職活動で入社したヤマハ発動機では仕事の不出来に悩み、ノイローゼとなって9か月で退職しました。リクルートのアルバイトを始めて正社員の転用試験で不合格となり、再度退職します。次の就職先である大阪の日本IBMの子会社でも仕事の出来に悩み、鬱から自殺未遂をして退職しました

30代では交流会やセミナーへ参加し、名刺を交換していると代表取締役が多いことに気がつきます。そして、零細企業に興味を持ち始めました。

転職経験を元に無料職業相談業で起業する計画は半年で破綻し、出版社でテープ起こしの仕事をしながら起業の機会を探っていました。出版社の倉庫で入手したのが、後々セミナーを受けにいくことになる中小企業コンサルタントである竹田陽一氏の本です。

バブル経済崩壊の1922年、栢野克己氏の実家は連帯保証によって1億円の借金を抱えていました。栢野克己氏は実家のある福岡へ戻り、7社目の就職となる小さな広告代理店へ転職しました。

実家を売却しても借金を返せない中、竹田陽一氏が講師を務めるセミナーで竹田陽一氏監修のビデオを購入し、独立に向けて本格的な勉強をし始めました。

1995年に広告代理店を退き、独立を再度試みます。竹田陽一氏のランチェスターの経営戦略をアレンジした戦略が成功し、2年目に借金の1500万円を完済しました

2002年には竹田陽一氏が書き始めた本を一緒に書くこととなり、初の著書が発売されました。

安価でプロに依頼するやり方も

完全独立は自身の能力がなければほぼ失敗しますが、そんな中でもフランチャイズビジネスはおすすめです。

飲食関係は比較的難易度が高く大変ですが、塾経営は穴場として今後見込みもあります。すららであれば、その道の専門家がフランチャイズよりも安い料金でノウハウを授けてくれます。

脱サラ後の成功例も多く、初期投資を回収することはそれほど難しくありません。失敗のリスクが少ないと言えるでしょう。

まとめ

起業後の様々な事例を紹介しました。

リスクを考えると難しい部分も多いですが、すららの場合は安心して始めやすいです。塾経営に興味がある方は、塾開業の事例について紹介しているホワイトペーパーダウンロードしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塾開業・経営に成功した塾の事例集






事例一覧・独立開業事例

  • Uターンして塾を開業

  • 元学校教師が独立開業

  • 未経験からの独立開業

  • 保険代理店からの塾開校

  • 営業職からの独立開業

  • 一般企業人事部からの独立開業

  • 様々なFCを検討した結果『すらら』で開業


・既存塾事例

  • FCを脱退して開校

  • 既存塾がICTへの切り替えに成功

  • 老舗塾が新業態開校

  • Skype英会話を活用

  • 英会話教室が塾を併設

  • 予習型×家庭学習

  • 幼児教育教室が塾を併設

  • 反転授業を実現

  • 集合塾がICT導入に成功

  • 国語に強い塾

  • 超先取り学習で学力の高い生徒を指導




無料でダウンロード

SNSでもご購読できます。