脱サラしてのfxが高確率で失敗してしまう理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今は多様性の時代

サラリーマンなど本業一本で働いていくのが極普通のことでしたが、現在ではサラリーマンとして働く傍らFXを行っている人もいるのです。もちろん副業ではなくFXを本業としている人もいます。FXに興味を持っている人もたくさんおり、多様性の時代である現代では様々な選択肢の一つとして存在します。

サラリーマン一本で頑張る人もいれば、FXを副業として行う人、FXを本業として行う方もいらっしゃるのです。特に脱サラ後にFXを選択する人も少なからず存在するのですが失敗する人が出てきてしまいます。なぜFXで失敗してしまうのでしょうか。

現実を知ることの重要性

FXは楽に稼げる、自動売買が出来るなど放っておいても稼げるようなイメージや幻想があり、それだけが注目されることがあります。FXに手を出すには、良い部分だけ知っていても意味はありません。幻想だけが取り上げられがちなFXの長所や短所について説明していきます。

一寸先は・・・・・・!?

ここにタワーマンションに住みたいフリーターによるFX体験記があります。

彼は、30歳でFXデビューを果たしました。全財産である100万円と3ヶ月のデモトレードを武器に挑戦したのです。仮想資金では100万円を500万円に増やすことが出来たため自信がついたのですが、実際取引を開始してみると2日で94万円が消えてしまったのです。

というのもこの時期は、サブプライムローンの問題に直面した頃で強制的にロスカットされてしまったのです。トレーダーとしてはたった2日の命だったわけです。

何を言いたいのかというと幻想に囚われがちなFXですが、昨日良くても今日どうなるかは誰にも分からないということです。

いくら自己資金があっても、デモトレードによる練習があっても実際挑戦してみるのとでは、全く違うということです。プラスがマイナスに、マイナスがプラスにと乱高下が激しいのです。せっかくの資金が減るのは悔しいと思いますが、そういったリスクを覚悟した上でならFXに挑戦するのもいいかもしれません。

ポンドで大損

2億4000万円分のポンドを買っていた主婦による話です。

こちらもサブプライムローン問題に直面しポンド安円高になったことから証拠金930万円が200万円へと一晩で減ってしまったのです。数日後には11万円になりました。

このFXで掛けた資金はマイホームの頭金であり、夫婦で一生懸命に働いて頑張って貯めたものだったのです。妻が勝手にやっていたことで夫はFXに掛けて大損したことを知らないでいるのです。

一瞬で一文無し

ある男性は、1999年からトレードを開始し負け越しを4年連続繰り返すも、2004年にたまたま勝ち始め2006年には約7億円まで成長しました。

その得た莫大な資金を元手に会社設立、高級車を乗り回すというような贅沢な生活に使ったようです。

しかしハイレバレッジを繰り返したことで資金は次第に減り、2008年には一文無しになりました。現在では再起をかけてトレードをまた開始しているそうです。

FXとのブログに注目

FXのブログを見るとわかるのですが、途中で更新が止まっているものがあります。

大いに儲かっている時は、自慢も含めて事実を知ってもらいたいと思うので更新する頻度も高くなるのですが、大損や一文無しになった途端に更新はストップします。

匿名性のあるブログとはいえ人に笑われるのが嫌、恥ずかしいという思いでブログが止まってしまうのだと思います。

大損していたらブログの更新どころではないかもしれませんが、FXをしているトレーダーによるブログを逐一チェックすると本当の現実を知ることが出来るでしょう。

長期的な収益を考えると

FXは一晩にして全財産を失うような非常にリスクのある世界です。

脱サラ後に事業を始めること自体もリスクのあることですが、FXに比べればまだリスクは少ないかもしれません。

FXで失敗する人もいますが、成功する人もいます。つまり、適性が鍵となるのです。FXに向いていた人が成功し、向いていなかった人が失敗するというただそれだけなのです。

自分に適性があるのかないのかは、実際にやってみないとわからないことですがそれでも自分のことは自分で分かるのではないでしょうか。今、FXを出来る環境なのか、十分に資金はあるのか、FXの知識はあるのかなど適性だけでなく他の面でもFXに着手してもいい状況なのかは自分で分かると思います。やりたいことと、今自分に出来ることを冷静になって判断する必要があります。

そこで浮かび上がるビジネス

FXは資金さえあれば誰でも挑戦することが出来ます。

一晩で大損する人もいれば、一晩で大儲けする人もいるぐらいで何が起きるのか分からない世界です。ですがその分のリスクはとても大きく全財産を失うどころか家族を失うことだって起きます。FXは成功したとしても一晩で何が起きるか分かりません。

失敗した人たちはかつて成功した側にいたのです。上がる時は上がりますし、下がる時は下がるので安定性がありません。

リスクの高いFX等を除いても脱サラ後の選択肢としては他にもたくさんあります。

農家飲食店や小売店の経営、自営業などです。FXほどではありませんがそれぞれにもリスクは存在します。ですが、こういった中でも今注目されているのがビジネスです。

は、ビジネスモデルが一度形成されて経営のノウハウなどを理解できればそこからは安定した収入を見込めるのです。FXのように爆発的に大儲けすることはありませんが、大損することもありません。急に下がることも滅多にないため予測をすることが出来るのです。

自体は、最近の受験戦争が過熱しているということもあり、多くの需要があります。より教育の質が良く、月謝も安いを日々保護者は探しているのです。それに応えるように大手学習塾は駅前や学校の近くにを多く開業しています。

「すらら」は現代型のビジネス形態

塾経営に関しては個人塾、大手によるフランチャイズ開業などがあります。

個人では物件の確保、集客、講師の採用等全てを自分で行わなければなりません。それに対しフランチャイズでは、開業前から本部によるサポートがあり物件の確保、市場調査、講師の採用、集客方法など全てにおいて助けてもらうことが出来るのです。開業した後で何か問題が発生したとしても本部に相談することですぐに解決することも可能です。

「すらら」では、eラーニングによる経営する仕組みを提供しています。現在、の需要が増えている中で保護者からの要望として「もっと個別に見てほしい」というのがあります。

最近では集団授業塾よりも個別指導塾が増えていることからもわかるように個別対応をしてもらえるが人気なのです。個別指導では生徒1人、2人に対し講師1人というほぼマンツーマンで指導をしてもらえるのですがその分月謝は高くなります。

お金を出せる家庭であれば問題ありませんが、そうでない家庭の方が多いと思いますから月謝が高いという面でに行きにくくなってしまっているのも現状です。

すららではeラーニングが講師の役割を果たしているため講師採用にかかる経費は少なく、月謝を安く抑えることが可能なのです。教育の質に関しても、eラーニング教材を使っているため水準の高い内容の教育を受けることが出来るのです。

フランチャイズでは何かと加盟金やロイヤリティが徴収されてしまうのですが、すららではこれらの徴収はありません。

塾経営に必要な集客に専念してもらうためにこのような形が採られているのです。脱サラ後に行う事業の立ち上げなどは何かとリスクが伴いますが、すららは低コストで始めることが出来るのです。

低コストな上に手厚いサポートも受けられるので低リスク、低コストで探している方がいればすららをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塾開業・経営に成功した塾の事例集






事例一覧・独立開業事例

  • Uターンして塾を開業

  • 元学校教師が独立開業

  • 未経験からの独立開業

  • 保険代理店からの塾開校

  • 営業職からの独立開業

  • 一般企業人事部からの独立開業

  • 様々なFCを検討した結果『すらら』で開業


・既存塾事例

  • FCを脱退して開校

  • 既存塾がICTへの切り替えに成功

  • 老舗塾が新業態開校

  • Skype英会話を活用

  • 英会話教室が塾を併設

  • 予習型×家庭学習

  • 幼児教育教室が塾を併設

  • 反転授業を実現

  • 集合塾がICT導入に成功

  • 国語に強い塾

  • 超先取り学習で学力の高い生徒を指導




無料でダウンロード

SNSでもご購読できます。