数字は何より雄弁!?フランチャイズに加入した際の成功率を検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塾業界に入りたいと考えている人の選択肢として、個人経営の塾フランチャイズの立ち上げの2選択があります。こちらではフランチャイズ加盟したときの成功できる確率について検証しています。

フランチャイズとは?

フランチャイズは最初にアメリカで確立されたシステムです。1970年代に日本でも積極的に導入されるようになりました。世界的に有名なフランチャイズチェーンは、マクドナルドやKFCなどです。

本部とすれば店舗の拡大を効率的に行っていきたい、加盟すれば宣伝などを代わりにやってもらい業界のノウハウを教えてもらいたい、つまり双方にとってメリットを満たせる仕組みになっているのです。フランチャイズに加盟した人と、加盟せずに自分だけで経営を行った人を比較した場合、3倍もフランチャイズ側が成功する確率が高かったというデータも出ています。

個人でやっている仕事であれば、金融機関から融資されるのは難しいと言わざるをえません。しかしフランチャイズであれば、ある程度の収益が見込みやすいので、銀行なども融資してくれやすくなります。

また長年かけて企業が築き上げてきたブランドを使わせてもらえるというのも、フランチャイズシステムの長所です。ハンバーガーで例えるならば、聞いたことのない店で食べるよりも、マクドナルドやモスバーガーといった有名店で食べた方が外すリスクを回避できます。企業の努力で獲得した信頼を、使わせてもらうことができるのです。

販売や集客、仕入れ、商品の開発などを、もしひとりで請け負ったなら、体がいくつあっても足りなくなるでしょう。それらを本部が行ってくれる対価として、毎月決まった割合のロイヤリティーを加盟者達は納める契約となっています。

5年後の生存率は?

フランチャイズシステムを導入している業界は、たくさんあります。

コンビニ以外にも介護や自動車、飲食などの業界で、フランチャイズ経営は導入されています。テレビのコマーシャルでもよく目にするかと思いますが、塾のフランチャイズの塾も数多くあります。今回は塾の世界を例に挙げながら、フランチャイズに加盟した人の生存率について見ていきましょう。

5年後に生き残っている企業は、全体の3割ほどと言われています。かなり厳しい数字と感じる人もいることでしょう。この結果はフランチャイズに加盟すること自体が、必ずしも安泰につながることではないと証明しています。

生存率を高めたい!ネックは開業資金とロイヤリティー?(2017年2月時点)

先ほども少し触れましたが、フランチャイズに加盟すると開業後、毎月、定められた金額を本部に支払わなければなりません。塾によって多少は変化するものの、その割合は10%から12%ほどではないかと言われています。

生徒の人数によってロイヤリティーが変動するやり方を採用している塾もあります。例えば「ITTO個別指導学院」では、生徒が20名を超えなければロイヤリティーは発生しません。このようにスタートアップ時の支援を手厚くしている塾もあります。

大手になるほど初期費用やロイヤリティーなどを含めた金額が高くなり、1千万円近くなるケースもあります。よほど回収できる自信がなければ、こういった投資は避けた方がいいでしょう。

フランチャイズに加盟しない場合は?

フランチャイズへの加盟することに抵抗がある人は、どこにも入らずに独立して事業を展開します。

そういった人達の中で大成功する人も中にはいるでしょう。しかし総体的に見た場合、どれくらいの人達が成功できているのでしょうか。5年後の事業生存率は何と15%で、実に8割以上の人達が廃業しているのです。

かなりシビアな数値と言えます。ノウハウを伝授されずに独自の才覚で、長期的に成功することがいかに難しいのかが分かります。

危険なのは企業に勤めており、「人に指図されるのが嫌で独立した」という人。フランチャイズへ入れば、かなりの束縛が生まれるのは事実。だからといってこの手のタイプが個人事業を成功へ導けるかと言えば否と言わざるをえません。どこにも加盟せずに仕事をとるためには、プライドが邪魔になるケースがよく見られます。

「人から命令されたくない」「アドバイスをされるだけでむっとする」といった人達の中には、共通した傲慢さがあります。これがビジネスをやる上で大きな妨げとなります。

フランチャイズチェーンにせよ、個人でやるにせよ、人とうまくやっていかなければ商売を続けることはできません。思い上がることなく謙虚でいられ続けられる人の方が、人脈を築くことも得意ですし、人が自然と集まります。

もしフランチャイズへの加盟をせず、自分だけの力でやっていこうと考えている場合は、「泥水をすする覚悟があるのか?」が問われることでしょう。

フランチャイズのメリットのみを低価格で提供する「すらら」

「自身の才能を事業に活かし、それによって成功したい」と考える人は、自由に重きを置くタイプです。こういった人達はフランチャイズに加盟すると、かなりの息苦しさを感じることが目に見えています。

最近、塾業界で新たなサービスが注目を集めています。すらら」はフランチャイズの長所を上手く取り入れ、安価でそれを顧客に提供することで、成功を収めているのです。最初に投資したお金を、開業してから回収することができるのかというのは、事業が成功、不成功のどちらに傾くのかを占う重要な要素です。

「すらら」は大手フランチャイズと比較した場合、破格とも言える額でサービスを提供しているだけでなく「顧客が自由に動ける環境作り」にも力を注いでおります。

開校する3ヶ月前からスタートアップ研修が始まります。資金を用意したり、物件をいかにして探すのかについてを学ぶことができます。

2ヶ月前には、きっちりとした事業計画を立てて、開校の準備をしてきます。授業の運営に関する研修もこの時期に実施します。いよいよ1ヶ月前になると、販売促進のやり方などをより具体的に教わることができます。

開校してからのサービスも充実しており、オープンしてから3ヶ月目にサポート研修を行います。ここで「生徒をいかに指導すれば伸びるのか?」や「効果的な生徒募集のやり方」などについて教えてもらうことができます。1年間は、季節によって変わる販売促進のやり方や、テスト対策に関連した研修を中心に行います。

「すらら」はパソコンを使いe-ラーニングを使いながら、子ども達を楽しく学ばせていきます。塾業を始めるメリットは、設備投資が安く済むところです。

机と椅子、パソコンを並べられるスペースを確保できれば、それだけでそこが場所に早変わり。e-ラーニングを教材に使うため、講師を雇用する費用を削減できます。自由度の高い「すらら」のサービスは好評を博しています。

まとめ

データや数字を中心に、フランチャイズへ入った場合、どれくらいの確率で成功できるのかなどについてを検証してまいりました。消費がそれほど盛んになっていない今の日本では、いかに魅力的なサービスをたくさんの人に伝えるかが重要です。

塾の業界は、教育熱が年々高まっていることもおります。子どもの学力をアップさせられる授業内容だと分かれば、出し惜しみすることはありません。塾へ興味を持った人は、ホワイトペーパーのダウンロードをおすすめします。豊富な事例が載っており、それを読み込むことで塾業界のことがよく理解できることでしょう。

塾開業・経営に成功した塾の事例集






事例一覧・独立開業事例

  • Uターンして塾を開業

  • 元学校教師が独立開業

  • 未経験からの独立開業

  • 保険代理店からの塾開校

  • 営業職からの独立開業

  • 一般企業人事部からの独立開業

  • 様々なFCを検討した結果『すらら』で開業


・既存塾事例

  • FCを脱退して開校

  • 既存塾がICTへの切り替えに成功

  • 老舗塾が新業態開校

  • Skype英会話を活用

  • 英会話教室が塾を併設

  • 予習型×家庭学習

  • 幼児教育教室が塾を併設

  • 反転授業を実現

  • 集合塾がICT導入に成功

  • 国語に強い塾

  • 超先取り学習で学力の高い生徒を指導




無料でダウンロード

SNSでもご購読できます。