真偽はいかに…!?塾の開業で助成金がもらえるケースってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

独立する際や、開業する際に助成金を融資してもらえるという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

助成金とは?

独立する際や、開業する際に助成金を融資してもらえるという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は塾を始める際にも、助成金が存在するのか、そもそも助成金とは何なのかについて紹介します。一般的に、助成金はある基準を満たせば、受給できるようになっています。特に公募期間も限定されておらず、1年を通して利用が可能となっています。

助成金は財源を雇用保険料にしているため、新たな人の採用や雇用を増やす、労働環境を整備するといった、人に関連することに使用するため使われるというのが支給要件の一つとされています。

またこういった助成金は、会社が社会保険や雇用保険に加入していないと申請できないこともあります。

また、法的に一度支給された助成金の用途は自由となっています。

会社の資金として設備投資や借入金の返済に使用することも可能です。こうした助成金を申請して受け取るというのも資金調達の手法の一つですから、経営者としてこういう方法があるというのは知っておく必要があります。

こういったことはよくわからないため、社労士や助成金のコンサルタントに依頼する人もいますが、コンサルや社労士の腕はピンキリですから注意しましょう。

手付金だけとられ、資金調達ができないといったケースもあるので、わからない場合は資金調達の第三者機関に相談をするのが良いです。日本事業再生相談センターなどでこういった助成金に関する相談は受け付けられています。

地域雇用開発助成金とは

独立してすぐに利用できる助成金制度の一つに、地域今日開発能力開発助成金というものがあります。この助成金は、雇用機会が不足している地域で、その雇用する労働者の雇用開発や能力開発に取り組む事業主を支援する助成金の制度です。

この助成金を利用できる事業主にはいくつか条件があり、それをクリアすることで利用できるようになっています。

この助成金では中小企業と大企業で助成内容が異なるというのも大きな特徴です。中小企業の場合は経費及び賃金の2/3を助成してもらえることとなっています。

大企業の場合は1/2なので、中小企業にメリットが多い助成制度と言えるでしょう。申請する際には、事業内職業能力開発計画を作成し、各センターへ申し込み、認定を受ける必要があります。認定を受けると、提出した計画に従って訓練を実施し、助成金支給の際は支給申請を行うという流れになっているのです。

ただし地域雇用開発助成金は、就職が著しく困難な地域として厚生労働大臣の同意を得ている特定の地域のみで適用されるので、起業や独立でこの助成金を頼りにするのは非常に難しいです。

独立開業後にもらえる助成金の存在

起業しても助成金を頼れないのかとがっかりしている方もいるかもしれませんが、実は独立開業後に利用できる助成金はいくつかあります。

日本では助成金は約40種類が定められており、独立や開業時を対象としたものではなくとも、開業して間もない時期に利用できる助成金が設定されています。

その中の一種に、特定求職者雇用開発助成金というものがあります。特定求職者雇用開発助成金は、母子家庭の母等をハローワークを通じ雇用した場合に受給できる助成金です。

業種によって、独立や開業時でも早期から従業員を雇用する場合があります。この助成金に関しては実は運任せの要素もあるのですが、意外にも受給しやすいことで、この助成金を利用している事業主は多いです。

特定求職者雇用開発助成金は、2回に分割して申請を行います。1回目の助成金を受給できるタイミングが、従業員を雇用してから約8〜9ヶ月後となっています。

2017年現在では、受給資格者創業支援助成金といった独立や開業を対象とした助成金は利用できませんが、それ以外の助成金を上手く活用していくことで、経営に安定的に役立てることが出来るのです。

様々な助成金の要項や規定を読み、当てはまるかを確認しておくと良いでしょう。

助成金や補助金を当てにすることの危険性

業種に限らず言えるのは、助成金にばかり頼っているとあっという間に潰れてしまうということです。

援助ばかり気にしていて、自己資金が枯渇しているともしもの時に使えるお金がとても少額になります。援助なしで自己資金を、もしくは借金で資金調達をする覚悟が必要です。

補助金、助成金を目当てにして起業したところで、多くの場合は長続きしないとも言われています。助成金に頼りすぎず、自己資金を活用して経営を行っていくようにしましょう。

発想を変えてみよう!

そもそも助成金のことを気になるようになったのは何故なのか、という部分も把握しておきましょう。

多くの場合、起業や独立には初期投資がかかります。

この初期投資の額が自己資本で用意するのが難しいから、助成金への関心も持つようになったのではないでしょうか。

逆転の発想で、助成金に頼らずとも開業できるよう、初期投資を最低限の額で抑えられるような資金繰りを考えてみましょう。

フランチャイズビジネスや飲食系のビジネスでは初期投資やノウハウのインプットに時間とお金がかかりますが、初期投資を低コストで抑えて、完全自己資本で開業することが出来る方法もあります。

新たな収益モデルの出現

フランチャイズビジネスといえば初期投資やロイヤリティーがかなりの資本金がかかると考える方が多いですが、近年では非フランチャイズ型のビジネスモデルを採用した塾経営などの募集が増えています。

一般的に、学習塾フランチャイズを利用すると、フランチャイズ加盟金、ロイヤリティーがかかるというケースが多いです。

しかし非フランチャイズ型のビジネスでは、サービスの品質を考えると、このロイヤリティーや加盟金が高すぎると捉えています。

例を上げると、キャラクターと対話しながら進む、eラーニング教材を展開している「すらら」がこの非フランチャイズ型に当てはまります。すららではフランチャイズに加盟するというメリットを残しつつも、低コストで開業できるようなサービスを展開しているのです。

初期フォローについてですが、本来ならばフランチャイズ本部に加盟金を支払う事で提供可能な商圏調査を4物件まで、1万5千円で提供しているのです。

本来フランチャイズが単体で販売したら、これらの土地は3万円~10万円はすると言われています。また、開校時に行う初期研修費は、本来フランチャイズ本部に支払う加盟金の10%程度に設定されています。その中で、保護者面談や授業の組み立て方といった塾開業にあたり重要になることをサポートしています。

ロイヤリティーの対価に当たる月々のフォローに関しては、導入塾同士で1~2ヶ月に1度行われるweb勉強会、塾長同士で悩みを相談出来るコミュニティサイトが用意されており、これらは無料で利用できるというメリットがあります。ウェブを活用しているので、塾にいながら他塾の情報を得ることができるのも魅力です。

こういったすららのサービスを利用することで、本来かかる加盟金を初期の販促に回し早期の立ち上げを実現させたり、ロイヤリティフリーを活用して授業料を安価に設定し、他の個別塾と差別化を図るといった経営が実現可能です。

脱サラ後に独立開業をするとリスクが伴いますが、初期費用やランニングコストを抑えることで、リスクを減らして開業できるので、非フランチャイズ型の塾開業は魅力的です。

まとめ

すららのようなオーナーにも優しいビジネス手法はまだ少ないです。すららでの開業事例などを参考に、どのような形で開業しているのか、成功者の声を見て、独立に活用しましょう。すららでの独立や開業に興味を持った方は、ぜひホワイトペーパーをダウンロードして検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塾開業・経営に成功した塾の事例集






事例一覧・独立開業事例

  • Uターンして塾を開業

  • 元学校教師が独立開業

  • 未経験からの独立開業

  • 保険代理店からの塾開校

  • 営業職からの独立開業

  • 一般企業人事部からの独立開業

  • 様々なFCを検討した結果『すらら』で開業


・既存塾事例

  • FCを脱退して開校

  • 既存塾がICTへの切り替えに成功

  • 老舗塾が新業態開校

  • Skype英会話を活用

  • 英会話教室が塾を併設

  • 予習型×家庭学習

  • 幼児教育教室が塾を併設

  • 反転授業を実現

  • 集合塾がICT導入に成功

  • 国語に強い塾

  • 超先取り学習で学力の高い生徒を指導




無料でダウンロード

SNSでもご購読できます。