今いち分かりづらいフランチャイズ不動産について詳しく解説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産業界でもフランチャイズ経営の店舗は増えています。

不動産FCの実態

不動産業界でもフランチャイズ経営の店舗は増えています。

しかしどこがフランチャイズでどこがフランチャイズではないのか、顧客自身がフランチャイズ加盟店と支店の違いを認識していないケースも少なくありません。

各フランチャイズ本部によって違いはありますが、フランチャイズに加盟すると、経営指導・研修を受けられます。

不動産業務支援といったシステムの提供を受け、活用方法の指導をしてもらい、フランチャイズ店舗専用のサイトに物件掲載できたりと、メリットは多いです。

これは飲食関係コンビニなどのフランチャイズと同じです。しかしながら、このメリットがあまり上手く活用されていないのが不動産フランチャイズです。そんな不動産に関するフランチャイズの実情を紹介します。

加盟で得られるメリット

不動産会社はフランチャイズの加盟によって、看板を借りる、のれんをもらうというのが一般的な認識です。

テレビの広告として宣伝されている知名度のある看板を使えるというのがフランチャイズに加盟する最大のメリットでしょう。

これで顧客は大手の店舗だと思い、比較的容易にセールスが出来ると言われています。こうした場合、フランチャイズ加盟店の営業担当者の名刺には、「フランチャイズ加盟店は全て独立・自営です。」と印字されることとなっています。

不動産のフランチャイズのポイントとして、一般消費者は、「フランチャイズ店かどうか」という感覚は存在していません。

直営なのかフランチャイズなのかよく理解しないまま、チラシや広告を見て問合せを行います。そのため、来店後にフランチャイズ店だと気づくケースが多いです。

これは勘違いや誤認を利用した商法ではないかと考えがちですが、フランチャイズ加盟店はこの恩恵が重要だとわかっていて加盟していることが多いです。

大手の集客力があれば、残りはセールスの腕次第ですから、良い物件を持っていたり、ニーズがマッチしていれば売上に繋がっていきます。

また、フランチャイズ本部の指導に関しては、大手系の不動産仲介会社とほとんど同じです。大手系列会社から見ると斬新さは感じにくいですが、地場の業者から見ると、時代に合わせた営業手法を学ぶことができます。

こうしたメリットがあることで、フランチャイズで不動産を行っていくというケースもあるのです。

注意すべきデメリット

デメリットとしては、不動産に限らずコストの問題がしばしば取り上げられています。

フランチャイズ本部は、加盟店に対して様々な営業指導を行います。自由にやりたいからフランチャイズ加盟をしたのにも関わらず、研修や決まり、規則が多いと堅苦しく感じることもあるようです。

こうした意見を持つ加盟店は多く、営業手法に関しては対立することも少なくありません。フランチャイズ本部によっては、電話応対や接客マナーまで研修することもあり、研修期間が長すぎるという不満もあります。

また、フランチャイズ加盟店ならではのデメリットとして、名刺やレポート用紙といった備品はフランチャイズ本部が用意した物を購入しなければならないケースが多いというものもあります。

そのため、格安通販やまとめ買いがしにくく、経費がかかりやすくなると言われています。また、本部によってはテレビ放映CMに関する経費を、加盟店から徴収するシステムもあると言われています。

広告の恩恵を受けている分、フランチャイズ加盟店が支払わなければいけないとするケースもあるので、加盟前に事前に契約書を確認し、フランチャイズの状態を確認する必要があります。

加盟に必要な条件

不動産フランチャイズに加盟する場合、最初に確認しておかなければいけないのが加盟資格や加盟条件です。

どの本部でも厳しい条件があるわけではありません。しかし共通して必須となっているポイントが、宅地建物取引業免許取得しているということです。

通称・宅建としても知られているこの免許は、国家資格で不動産業には必須と言われています。

不動産取引法務の専門家として、宅地建物取引業や第二種金融取引業、不動産特定共同事業で必須となっています。

合格率は低く、2016年の一般受験合格率は14.1%、講習修了者であっても20.0%となっています。取得自体が難しいですが、必須の資格なので必ず取得しておきましょう。

フランチャイズで不動産を始める場合、業界未経験者でも資格を持っていれば加盟することは可能ですが、ある程度の実務経験を積んでおくことの方が望ましいと言えるでしょう。

また、既に不動産店舗を経営していて、そこからさらに加盟する場合、問題はありません。

ただし、これは加盟資格とは異なっていますが、同一地域内で既に加盟しようと契約を進めている店舗がある場合は出店できないケースもあるようです。

近隣にフランチャイズ加盟店がある場合、事前に出店可能か確認しておくこと良いでしょう。

エリアの制限や、条件に関しては各フランチャイズ本部によって異なります。エイブルでは既に組織的に経営を進めている方や、インターネットの利用や導入に前向きなフランチャイズオーナーを募集しています。

ミニミニはエリアの指定があります。フランチャイズ本部によって加盟資格は微妙に異なっているので、経営理念や事業方針に賛同できるかどうかという部分も確認しながら選んでいくと良いでしょう。

また、加盟が決定すると加盟金が必要になります。これは資格というよりは前提条件に近いですが、自己資金が必要となっています。実際にスタートをすると、思わぬ部分で経費がかかることもあります。資金面は余裕を持って準備しておきましょう。

フルコミッションについて

フルコミッションという言葉はご存知でしょうか。

フルコミッションとは、日本語で完全歩合制のことを言います。フルコミッションは働く人の仕事の成果や出来高に応じ、賃金が支払われるという給与形態です。一般的には企業に所属せず、不動産や保険、通信回線の営業といった職種で、フルコミッション契約を結ぶ人は多いです。

自分の実力に連動して収入変化する、独立してフルコミッションを考えているという方も少なくはありませんが、不動産ではハウスドゥ!がこのフルコミッションの制度を導入しています。

初期投資が少なく、求められるのが営業力のみということで営業に自身がある方は始めやすいと考えられています。しかしフルコミッションの怖い部分は成果が出ない場合です。成果が出なければ無収入に陥る可能性もあるので注意しましょう。

変わり行く業務形態

働き方の多様化が低減されている今日では、フランチャイズのみがビジネスの選択ではなくなっているというのも事実です。

前述したフルコミッションについてもそうですが、業界的に見てもフランチャイズ自体も多様化してきています。不動産業界の他に、近年注目されているのが塾業界です。

不動産でもアプリやネットで物件を調べられるよう、ネット関係のサービスが充実し始めているように、塾業界ではeラーニングによるパソコンやタブレットを活用した学習法が広まっています。

世界的にもこういった学習指導が大きな波として注目されていて、学校で導入されているケースも少なくありません。

中でもすららは、一般的なフランチャイズよりも安価に始めることができ、サポート体制が充実しているということも魅力です。加盟金ロイヤリティ0で塾開業ができるのはすららだけです。

まとめ

不動産のフランチャイズから、注目の塾経営まで紹介しました。塾経営や開業の事例を紹介したホワイトペーパーをダウンロードして、ぜひ検討してみてください。

塾開業・経営に成功した塾の事例集






事例一覧・独立開業事例

  • Uターンして塾を開業

  • 元学校教師が独立開業

  • 未経験からの独立開業

  • 保険代理店からの塾開校

  • 営業職からの独立開業

  • 一般企業人事部からの独立開業

  • 様々なFCを検討した結果『すらら』で開業


・既存塾事例

  • FCを脱退して開校

  • 既存塾がICTへの切り替えに成功

  • 老舗塾が新業態開校

  • Skype英会話を活用

  • 英会話教室が塾を併設

  • 予習型×家庭学習

  • 幼児教育教室が塾を併設

  • 反転授業を実現

  • 集合塾がICT導入に成功

  • 国語に強い塾

  • 超先取り学習で学力の高い生徒を指導




無料でダウンロード

SNSでもご購読できます。