フランチャイズの加盟金は高い?安い?他の選択肢は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フランチャイズ開業にかかる加盟金って一体どのくらいなのかと調べている方がいらっしゃると思います。

 

フランチャイズの加盟金

フランチャイズ開業にかかる加盟金って一体どのくらいなのかと調べている方がいらっしゃると思います。「必ず支払うものだけどこれは何に使われているの?」と考えている方もいるでしょう。各業界各企業別に加盟金について説明していきます。合計でどのくらいの開業資金が必要になるのかも判明するでしょう。

コンビニ

街中だけでなく駅前や病院などでも見かけるコンビニのほとんどでフランチャイズ開業がされています。加盟金と見ていくとFCランキング1位のミニストップ2位のセブンイレブンで255万円、3位のローソン4位のファミリーマートで307万5千円です。相場としては255万円から300万円強ぐらいでしょう。ただ各企業でのロイヤリティや契約期間が異なります。同じ255万円であるミニストップとセブンイレブンでは契約期間に8年もの差があります。また不良品の原価を負担してくれたり、サポート体制から加盟金を考えてみても良いかもしれません。

※詳細は各企業WEBサイトでご確認ください。

飲食

飲食業界は和食や洋食などさらに細分化されて市場規模はとても大きい業界です。

飲食店の開業でかかる初期費用としては、最低500万円が想定されています。そのなかには工事費や備品代、加盟金が入っています。

加盟金に関しては相場通りだと思いますが、研修や備品、仕入れなどで費用がかかると思われます。オーナーはもちろん従業員に対しての研修は必須ですし、仕入れでは在庫管理が必要で仮に賞味期限を過ぎたものが売れ残ってしまうと有料で廃棄をしないといけないこともあります。

介護

少子高齢化という言葉もあるように高齢化が進んでいる現代では介護業界がより伸びていくと言われています。

高齢化により必然と需要が高くなっていくため求められるサービスが増えるのです。この介護業界でもフランチャイズが展開されています。

加盟金としては、200万円から350万円が想定されています。別で保証金や研修費が掛かるため合計すると400万円近くなることもあります。

介護ですと、デイサービスや老人ホームのように施設で介護サービスを行なう場合と、資格を持った者が利用者の自宅へ出向きサービスと行なう場合があります。

前者であれば利用者を受け入れるためのスペースが必要になります。それも介護用にリフォームしていかなければならないので、普通に事業所を作るよりもお金がかかることもあると思います。

後者では、サービスに必要な道具などを置けるスペースさえあれば良いので、自宅で空いているスペースがあればそこを事業所として使うことも可能でしょう。

ペットシッター

日本では、なかなか見かけないペットシッターですが、ここでもフランチャイズがあります。

ペットシッターは、飼い主が長期間自宅に不在の時にペットの世話をします。加盟金としては54万円、商標使用料などが月額1万5千円、保険は年間で3万円となり初年度では合計75万円が必要になります。

他の業界に比べれば比較的安い値段で始めることが出来るのですぐに回収出来ますし、収益アップも可能なのでは?と思うでしょう。

ペットシッターの認知度からもわかるように、たくさんの仕事を得るには営業をしていかなければなりません。ウェブ上での広告やチラシやパンフレットを配るなどの努力が必要です。

旅行などでペットを預ける時には親戚や近所に預けることも多く、お金のかかるペットシッターをまず考える人もまだまだ少ないと思います。

ですが一度お客さんを獲得するとリピーターとなるため、営業能力があれば早くに開業資金の回収も可能だと思います。

加盟金のいらないビジネス

フランチャイズでは開業や経営に関わるノウハウや環境を提供してもらえることから割りとどの業界でも未経験であっても始めることが出来ると思います。

加盟時に支払う加盟金やその他費用が重くのしかかりなかなか加盟に着手出来ない人もいれば、開業しても回収するのに必死、という方もいると思います。

フランチャイズですと全て用意してくれることもありどうしても自分で初期費用を抑えていくことが出来ません。初期費用は開業当初から回収しなければなりませんが金額が多ければ多いほど回収に苦労すると思います。

すぐに収益をアップさせることが出来ればいいのですが、新しいお店ですと最初だけは売上が良くてどんどん下がっていくようなパターンもありますし、売上に関わらず毎月ロイヤリティや光熱費の支払いはしなければならないので最終的に残るお金も少ないでしょう。

では、加盟金の必要がないフランチャイズビジネスはないのでしょうか。

業界や企業によっては加盟金なしでビジネスを始めることが出来るところがあります。

例えば高齢者向けに配食サービスを行っているライフデリでは加盟金保証金ロイヤリティ全て0円です。元祖博多中洲屋台ラーメン一竜では、暖簾分けということでロイヤリティは発生しません。

加盟金やロイヤリティが発生しないことで、初期費用をかなり抑えることが出来、他のことに資金をまわすことも可能です。

また、初期費用の回収も必要ないので開業当初から収益をあげることも出来るでしょう。

ただ事業が今後も伸びていく業界を選ばなければならないと思います。一瞬の流行りなどで開業してしまうとすぐに人気は落ち人も集まらなくなり急激に上がった収益も下がってしまうことになるでしょう。

加盟金もロイヤリティも0円という仕組みは今後も伸びていくのではないでしょうか。

業績が伸びている「すらら」

今後も伸びていくと予想される業界として学習塾があります。

少子高齢化と言われ子供の数も減少していますが、1人の子供に対する期待というのが高まっていることもあってより良い学校に行かせるために学習塾に通わす保護者が増えています。

今では塾に通っていること自体は極普通になりつつあります。小学校受験、中学受験、高校受験と受験の機会はいくつかありますが、基本的にどれもたった1度です。

その1度の受験を成功させることが出来るような塾が求められているのです。「個別にきちんと見て欲しい」「出来れば月謝を安くしてほしい」という要望も増えていることから塾に対する期待が高まっています。

その中でも業績を伸ばしているのがすららです。

すららでは、パソコンを使ったeラーニングによる授業を行っています。基本1人で勉強をすることになるのですが従来のeラーニングと違って、双方向型の教材が使われています。

小テストなどを受けていくことによって躓きを理解し、弱点克服を効率よく出来るような構成がされています。

ですからパソコンでの授業だとしても、一方的に学習して終わるのではなくきちんと理解を深められるようになっています。個別にきちんと見て欲しいという要望に応えることが出来ると思います。

フランチャイズ契約における加盟金やロイヤリティは一切発生しません。物件取得費や内装工事費などを全て含めて200万円から開業することが可能です。開業してまもなく収益をあげることも可能で、集客や宣伝に集中することが出来るのです。

またeラーニングが先生の役割を果たしているので講師を雇う必要はありません。

講師採用に伴う求人の手間はもちろん、人件費も削られるのでその分の月謝も安く抑えることも出来るでしょう。月謝も安く抑えられると保護者の方にも喜んで頂けると思います。

またオーナーに教務の経験は教育学部卒の資格も必要ないので、誰でも未経験からでも始めることが出来るのです。

まとめ

各業界各企業におけるフランチャイズの加盟金について説明しました。

どの業界もサポート体制が整っているので誰でも始められるでしょう。しかし加盟金などが高いこともあって開業後の収益に影響したり、加盟自体を躊躇してしまうようなこともあると考えられます。

すららであればそれらの費用は一切掛からず、200万円から始めることが出来るのでお得なビジネスです。

塾開業・経営に成功した塾の事例集






事例一覧・独立開業事例

  • Uターンして塾を開業

  • 元学校教師が独立開業

  • 未経験からの独立開業

  • 保険代理店からの塾開校

  • 営業職からの独立開業

  • 一般企業人事部からの独立開業

  • 様々なFCを検討した結果『すらら』で開業


・既存塾事例

  • FCを脱退して開校

  • 既存塾がICTへの切り替えに成功

  • 老舗塾が新業態開校

  • Skype英会話を活用

  • 英会話教室が塾を併設

  • 予習型×家庭学習

  • 幼児教育教室が塾を併設

  • 反転授業を実現

  • 集合塾がICT導入に成功

  • 国語に強い塾

  • 超先取り学習で学力の高い生徒を指導




無料でダウンロード

SNSでもご購読できます。