たこ焼き屋をフランチャイズで開業するときに、知っておいた方が良いこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フランチャイズ経営だと最近増加しているのが飲食系です。飲食系のフランチャイズでの展開方式は実に様々で、カフェラーメン店など店舗を構えて固定の土地で経営を進めていく方式や、ショッピングモールの中やファッションビルの中の飲食店として展開していくものや、車を活用した移動式の店舗など、様々な形があります。そんな中で原価が安く、どの販売方法でも展開できるのがたこ焼き店です。今回はフランチャイズでたこ焼き店を展開しようと思っている方へ、開業する前に知っておいたほうが良いことを紹介します。業界でしか知られていない実情をよく理解しておきましょう。

フランチャイズ企業の種類は?

フランチャイズでたこ焼き店を開業する場合、本部と加盟の契約を行わなければなりませんが、どれくらいのたこ焼き店の種類があり、フランチャイズで開業するのに予算がどれくらいかかるのかご存知でしょうか。

 

たこ焼きといえば大阪ということで、粉もんの聖地大阪からやってきた大阪やき三太がフランチャイズ事業で有名です。

 

大阪やき三太は、ロイヤリティフリーが人気のフランチャイズ本部です。自由さが売りのフランチャイズ方式を採用しています。

 

加盟金は50万円、その他研修費等で20万円ほどかかるので、初期投資としては約70万円かかると言われています。開店前や回転後に実践研修を行っています。

 

その他、飲食業ならではの製造販売や店舗費用で180万〜300万円程度かかると言われています。

 

大阪やき三太の最大の魅力はロイヤリティフリー名店ですが、仕入れの経路が決まっており、そこから利益を少し引くということになっています。

 

有名人などのファンも多い店舗で、飲食系のフランチャイズの中でも比較的安価に始められますが、場所代がかかることを忘れないでおきましょう。

 

その他、大阪で有名ななんば一番もたこ焼きの販売をフランチャイズ事業化しています。

 

なんば一番は副業として始めることもOKなたこ焼きフランチャイズです。こちらもロイヤリティフリーで、低価格の仕入れルートや、独自ノウハウ、設備機器の割引などがあります。

 

開業資金の目安は90万円となっていますが、物件取得費用なのは別途にかかってくるので初期投資額には注意しましょう。全国各地で開業が可能です。

 

その他、ばくだん焼本舗京たこひっぱりだこといった多くのたこ焼きフランチャイズ本部があり、この業界は競争率が高く、生き残っていくにはフレキシブルな発想と時代に合わせた形の経営や展開が重要となります。

 

フランチャイズだし、安心……とは、思わない方が良い

独立して何か開業する際や、副業として始める際に、どうしてもフランチャイズに目が行く人がいますが、これは実は危険な考えです。

 

フランチャイズ経営の魅力は、個人では手に入れることが難しいノウハウやフランチャイズ本部の看板ですが、それに釣られて契約してしまうとあとで大変な目に合ったという方も少なくありません。

 

ここでまず知っておくべき点は、店舗物件取得関係以外はフランチャイズ本部の紹介になるケースが多いということです。

 

この業種で初めて開業する場合、何も分からない事が多いため、ついつい本部の担当者に紹介されるままに仕入れの経路や機器投資を決めていく方がほとんどです。

 

何故そうなってしまうのかというと、「本部の紹介=安くて安心できる」と考えてしまうからです。フランチャイズ経営の大きな穴はここにあります。本部からの紹介で本当に安く購入出来るのならいいのですが、その反対が多いのも事実です。

 

例えば、たこ焼き店ならば必須になる業務用の冷凍冷蔵庫が良い例です。

 

こういった機器は安くしなくても売ることは出来ます。リース販売方式があるからです。経費で落ち、税金対策にもなり、資金がなくても利用できますから、確かにメリットが多く感じます。

 

しかしこういた設備機器を利用する最良の方法や、安く購入する事です。

 

リースは、販売価格を高くできるだけでなく、金利まで付きます。可能性として本部の紹介料もそこには乗っているかもしれません。

 

また内装工事に関しても、確認作業や点検などが必要と後になってから言われる場合があり、そこで基本設計料として20万円請求されたというケースもあります。

 

また飲食系フランチャイズで多いのが、本部からのサポートが足りないというケースです。SVはいるものの、来店回数が少ないことで思ったように経営が進まないといった話あります。

 

○フランチャイズでも苦戦しやすい

たこ焼き店は一時期ブームになり、全国的に取り上げられていたことがありましたが、現在ではたこ焼きブームも下火を迎え、安定した屋台や店舗という形になっています。

 

人気の業種で儲かりやすいと言われているものの、実際に本当に儲かっているお店は少ないのも事実です。

 

一部の大手チェーンや、駅前・有名店のたこ焼き店は繁盛していますが、売上はそういった有名店の一極集中となっています。

 

ローカル店舗では、多くのたこ焼き店が赤字に苦しんでいると考えられます。たこ焼き店を見分ける目安として幾つかのポイントがありますが、その中でも特に注目するべきポイントは、改良しているお店かどうかということです。

 

例えば1年前や半年前と比較して、そのお店はどう変化していっているのか見ているとしましょう。メニューが増えたり、味が変化したり、接客のレベルが変わっているといった店舗の変化が見られるたこ焼き店は良い店であると考えられます。

 

こうした変化によって顧客が増えているのか、減っているのか、各店長期的に観察していると面白いです。改装して綺麗になった店舗は、それだけ売上が伸びているとも考えられますし、変化がない店舗でも潰れずに一定の顧客を獲得しているのであれば、ある程度の固定客を持っていると考えられます。

 

日々の変化や流行に合わせた様々な手法を試していく姿勢がフランチャイズ経営でも重要になります。方針やメニューを変えるのは勇気が必要ですが、チャレンジ精神も求められる仕事なので、最初は苦戦しがちなのも特長です。

 

フランチャイズは、他にもたくさん!

フランチャイズで展開している事業は他にも多くあります。

 

飲食店は勿論、コンビニ等も日本では多いですが、その中でも特に始めやすいと考えられているのがサービス業です。

 

フランチャイズで始めるサービス業の中では、サロン経営や整体経営、塾経営などがあります。これらは在庫を抱えない業種なので、いずれも初期投資が少額で済むと言われています。

 

中でも塾経営は近年注目されているジャンルです。日本は学校と並行して塾に通わせようとする家庭が多いことでも知られていますが、今後は一人の子供に対して大きく投資を行いながら育てていくという考えが進んでいくと言われています。

 

そんな中で一人の子供にかける習い事や塾の費用は大きくなっているのです。また塾自体の多様化が進み、子供だけのものではなく、大人も趣味や勉強のために塾に通う傾向が見られています。

 

塾の多様化が進むに連れて、様々な学習の方法が求められるようになると考えられます。その中でも海外でも知られている日本の新たな学習法の「すらら」を活用した塾経営も注目されています。

 

まとめ

塾開業も一つの道です。すららの場合だと、一般的なフランチャイズとは異なり、加盟金・ロイヤリティなし出始めることが出来ます。また未経験でも個人で開業ができるので、塾経営に興味を持った方は是非ホワイトペーパーをダウンロードして事例や開業について検討を進めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。